日本分娩監視研究会のホームページへようこそ




    日本分娩監視研究会は、故橋本武次博士が中心となって設立された
   研究会です。
   研究発表会は年2回開催され、「教えられたり、教えたり」をモットーに、
   CTGを中心に、分娩管理について研究(勉強)する会です。



       主な役員
        名誉会長:太田孝夫(帝京大学名誉教授)
        会   長:箕浦茂樹(新宿区医師会区民健康センター所長、
                      山王病院産婦人科、国立国際医療研究センター産婦人科)
        副 会 長:淵脇泰介(舞浜クリニック院長)
               齋藤益子(帝京科学大学医療科学部看護学科教授)
        事務局代表:箕浦茂樹
                     
                     第48回日本分娩監視研究会
                     第47回日本分娩監視研究会
                     第46回日本分娩監視研究会
                     第45回日本分娩監視研究会
                     第44回日本分娩監視研究会
                     第43回日本分娩監視研究会
                     第42回日本分娩監視研究会
                     第41回日本分娩監視研究会
                       第40回日本分娩監視研究会
                       第39回日本分娩監視研究会
                       第38回日本分娩監視研究会
                       第37回日本分娩監視研究会
                
第36回日本分娩監視研究会
                35回日本分娩監視研究会