埼玉県上尾市上1757−4

菊池接骨院            048(777)0008

                                                   クリック↓

 


                                                                                          


 


 



 

バナー178×117バナー234×60バナー178×117

 

                                                            

 


   『放っておいても治ると思った。』                                                  
   患者さんから、よくそんな話を聞かされます。

   でも、痛みの治療の大原則は                                                            

                                                                                   

   『痛めたらすぐに治療を開始です。                                                   
          
   最初の 一週間 は特に大切です。
   その一週間で、その後の治り具合がものすごく変わります。
   すぐに手当を開始すれば、悩んでいる間もなく治る可能性もあります。

   菊池接骨院でも、近所の接骨院さんでもどこでもいいのです。

   とにかく早く治すチャンスは最初だけ。

                                               


                                                    

              

 

                                              

                                                   
                                                  

                       

 

 

 

 

 

 

 

                                       ウオーターベットAQUATIZER導入しました 

                        

 
                  

 
 
 
上尾タウン
 
 
 
       接骨院          腰痛  
 
                        

 


時間帯
祝祭日
午前の部1
9:00 〜 12:00
×
午後の部1
3:00 〜 8:00         
×
×
午後の部2
3:00〜  7:00

【休診日】祝日・日曜日の午後  

 但し、平日・土曜日の12:00〜3:00は、巻き爪治療予約可 

 

    

   

当院では接骨、はり・きゅう、マッサージなどの手技療法と物理療法(干渉波、赤外線、超音波などの治療器)を組み合わせ、患者さんの年齢・性別・体質を考慮したうえで、一人ひとりに合ったより効果的な治療を行います。

 
キセノン治療器 

 キセノン光を照射することにより生体透過し、体の深部を加温して患部の血流量を増加し、新陳代謝

 を促進します。ほとんどの痛みに対しすぐれた効果をあげております。また、帯状疱疹や頚肩腕症

 候群なども頸部に照射する事により、神経ブロックとして働き 疼痛緩和します。

 ほとんどの、大学病院・国公立病院に導入され、かなりの治療効果をあげております。

 魔法の光と呼ぶ人も少なくありません。 

 

 



 









 

そのケガ、冷やすか暖めるか!
     炎症を「防御反応」といいかえてみよう

 

炎症を「防御反応」といいかえてみよう

打撲の程度にもよりますが、普通は冷やすのは最初のうちだけです。 ある現象に名前をつけると名前の意味が勝手に一人歩きしてしまうことがあります。
「炎症」は炎=ほのおだから「冷やすもの」という具合です。炎症というのは、病気やケガで身体の細胞が破壊された時に、異物を排除したり、死んだ細胞などを取り除いたりして治そうとする身体の「防御反応」です。血液の中の白血球が異物を排除したりして治すのに都合のよい状態にするために赤く腫れ、熱をもって痛むのです。血流も盛んになります。赤く腫れて熱をもつのが炎=ほのおに似ているので「炎症」となったわけです。炎症は大切な「防御反応」です。
そうはいっても耐えられないような痛みもつらいので、最初は適当に冷やして「防御反応」をほどほどに制御します。炎症を冷やしたり、暖めたりするのは「防御反応」を制御したり促進したりする意味があります。赤く腫れ、熱をもつのも、治すには必要なことなのです。打撲がいつまでも治らないのは、「防御反応」がとまり自然治癒力が衰えているからです。暖めるのは自然治癒力に働きかけるためです。
針灸は、痛みを和らげながら必要な「防御反応」は止めない、自然治癒力に働きかけるという優れた特長を持っています。



☆ 実際はケースバイケース☆

炎症を冷やす=「防御反応」を止めるという訳でもありません。少しだけ冷やすと反射的に暖かくなる場合もあるのはご存知でしょう。冷やしたり温めたりして血行をよくし、「防御反応」に働きかけるやり方はよく知られていますね。

炎症を冷やしたほうがいいのか暖めたほうがいいのかは、実際はケースバイケースです。 炎症の状態によって変わってきます。個人差、年齢差もあります。少し時間のたった炎症は、たいてい暖めて「防御反応」に働きかけてあげたほうがよくなります。




寝違い

 急性の頚椎捻挫です。

骨に問題はなく、筋肉や筋が痛んでいます。
最初は首が重い感じ、こったような感覚がいつもよりひどいなと感じているうちにどんどんひどくなり、ある朝起きてみたら、首が動かなくなっている。ちょっとでも動かそうとすると電撃のような痛みが走るといった具合です。

これもまず一回でかなり軽くなり、2〜3日に一度程度の針灸治療を2〜3回ほどでほぼ感じなくなります。軽いものは一回で感じなくなります。針灸は鎮痛剤とは違います。いったん痛まない状態になり、しばらく痛まない状態がキープできれば、痛みの再発も起こりにくくなります。

車を運転する人はバックができないのですぐに治療に来られますが、1〜2週間も我慢してこられる方もいらっしゃいます。

治療開始が早ければ早いほど、早く治ります。

      





































































































































<a href="http://www.sekkotu-navi.com/" target="_blank">接骨院</a

H O M E
巻 き 爪
耳つぼダイエット
交 通 事 故
日記 アルバム
周 辺 地 図