行政書士 良子修行政法務事務所

福岡市中央区黒門8−13−501
電話   092−725−8231
「遺言書」があれば、原則として、その内容通り「相続」が実行されますが、
もし「遺言書」がないと、遺産を処理するには、法定相続人全員の間での
「遺産分割協議」が必要となります。

法定相続人を確定するには、遺言者の戸籍謄本等の調査が必要で、相続
人が遠方にいる場合や行方がわからない場合等、色々なケースで協議が
し難いことが多々あります。

「遺言書」は遺言者の意思を書き残すものですので、「遺産」をめぐるトラブ
ルを未然に防ぎ、「相続」が"争族"とならないようにする最善の方法です。

しかし、単なる思い付きで、偏った内容の「遺言書」を作成すれば、かえって
相続人間のトラブルの原因にもなりかねません。

また、書式を誤ると無効になりますので、「遺言書」を書くときは充分注意す
る必要があります。




///////////////////////////////////////////////////////////


次のような場合は、遺言書があれば安心です。

・・・・・・・・・・

・夫婦間に子供がいない場合

・子供の相続に差をつけたい場合

・異母兄弟がいる場合

・先妻の子供と後妻がいる場合

・内縁の妻に財産を贈りたい場合

・息子の嫁に財産を分けたい場合

・孫に財産を引き継がせる場合

・遺言書で相続人を廃除したい場合

・家業維持のため、経営を単独相続させたい場合

・生前お世話になった人に財産を分けたい場合

・自分に葬儀・法要の方法を指定したい場合



////////////////////////////////////////////////////////


● 当事務所へのご相談やご依頼は『予約制』になっています。
  事前にお電話またはメールでご連絡ください。

  土曜日、日曜日、祝日の面談も可能です。
行政書士会員検索システム
092-725-8231
メール  →
object1.jpg
igon001002.jpg
良子 遺言相続相談室
行政書士 良子修 (ryouko osamu)
福岡県行政書士会 会員
c40b1149.gif
igon001001.gif
行政書士 良子修事務所
事務所料金規定
事務所代表紹介
遺言・相続とは
自筆証書遺言
公正証書遺言
遺言執行者
行政書士とは
ペットへの遺言
a_ilst095.gif
mozu.gif
or_(6).gif
090-7399-9301
donkeita.gif
emailad.gif