TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
アナグラム あなぐらむ anagram
——『ツイてるカノジョ』1巻 [上]101ページ/[下]115ページ(雑破業・藤真拓哉/角川書店 角川コミックス ドラゴンJr.)
七弦たち ……
……
……
……」
……
……」
詠太郎 なんだ
こりゃ?
わけわかん
ねーぞ」

七弦 じゃあ
もしかして
こっくりさんも
………」
あッ!
『金庫の上(キンコノウエ)』
じゃなくて
『公園の木(コウエンノキ)』
だったんだ!」
——『ツイてるカノジョ』1巻
[上]101ページ・[下]115ページ
(雑破業・藤真拓哉
/角川書店 角川コミックスドラゴンJr.)


定義重要度

アナグラムは、「文」とか「単語」を書くときに使っている「つづり」。この「つづり」を、もとのものから並びかえることによって、意味の違う、べつの文(単語)を生み出すというものです。


効果
効果1別のことばをつくる——「ナゾ解き」

この「アナグラム」には。よく見てみると、2つのタイプがあります。
その1つ目は、もともとの「つづり」を並びかえることで、意味の通じるようなべつの文・単語をつくるというものです。画像で引用したのは、このタイプです。こちらは、ふつう「ナゾ解き」に使われます。くわしくは、下の《レトリックを深く知る》のほうを、ご覧ください。
:読みとる、読み解く、解読する
効果2これまでなかった、新しいことばをつくる——「暗示」

「アナグラム」の2つ目。こちらは、もともとの「つづり」を並びかえることで、今までになかった新しい単語をつくり出すというものです。こちらは、もともとあった「単語」か「文」を、「ほのめかす」とか「暗示」するとかいったことに使われます。こっちについても、下の《レトリックを深く知る》のほうに、くわしく書いておきました。
:暗示する、ほのめかす、におわせる、二重・二重性、重なる、重なり合う、ダブる
効果3「アナグラム」をつくること自体が、文字あそびになる

「アナグラム」は、一種の「文字あそび」になります。これは、「アナグラム」つくることに「制限」や「制約」があるからです。つまり、もとの「文」や「単語」で使っていた「つづり」の文字を、すべて並べなおして利用しなければいけない。そのことから、「アナグラム」を新しくつくることが「遊び」となるのです。
:ことば遊び、いろは歌、文字遊び、文字遊戯

使い方
使い方1「ひらがな」か「カタカナ」になおしてから、入れかえる

単語(または文)を、ぜんぶ「ひらがな」か「カタカナ」になおす。そのうえで、「ひらがな」「カタカナ」の順番を入れかえる。これが、日本ではメジャーです。
使い方2「アルファベット」のつづりを入れかえる

ヨーロッパのばあい、「アルファベット」のつづりを入れかえることを、「アナグラム」といいます。日本語がもっている「漢字」のようなものが、ヨーロッパにはありません。ですので、「アルファベット」の順番をかえるだけで「アナグラム」になります。
使い方3日本語をローマ字になおしてから、入れかえる

細かいことは、下のほうに書いてあるのですが。日本語で、「ひらがな」「カタカナ」になおしたもので「アナグラム」をつくるのは、かなり難しいのです。なので、日本語を「ローマ字」にしてから「アナグラム」をつくる。この方法で「アナグラム」をつくることも、ありえます。



例文を見るその1例文を見る(末尾)

例文は、『ツイてるカノジョ』1巻。

主人公は、詠太郎(えいたろう)。
…なのだけれども。
このシーンを説明するためには、七弦(なつる)を中心に見ていったほうが分かりやすい。だから、七弦(なつる)の目から見たかんじで、ストーリーの流れを追ってみます。

七弦(なつる)は、詠太郎(えいたろう)と子供のころからの幼なじみ。で、同じクラスメイトどうしの高校生。七弦は、詠太郎のことを「詠太郎(エイタロ)ちゃん」と呼んでいたりして、かなり親しい仲だった。

で、ある日。
七弦は詠太郎に、いっしょにマリンパークに行くようにさそった。七弦は詠太郎に、デート気分でマリンパークに行きたいと言った。それにたいして詠太郎は、友だちづきあいとして、2人で行くことにした。まあ、そのへんは置いておくとして、とにかく2人で休日を共にする。

が。
その日、七弦はキーホルダーをなくしてしまう。このキーホルダーは、七弦にとってスゴく大切な物だった。

そこで七弦は、同じクラスメイトの風間という女の子に頼ってみることにした。というのも、この風間という女の子は、とっても霊感がある(みたい)だから。なにやら「オカルト研究会。」というものに入っているし(ほかにメンバーはいるのだろうか?)。いろんな人生相談とかもやっているみたいだったので。

そういったわけで。七弦は風間に、キーホルダーがどこにあるのか占ってもらうことにした。すると、風間が取りだしたのは、一枚の紙。この紙は、「こっくりさん」に使うことでよく知られているかんじのものだった。

というかんじで、「こっくりさん」にキーホルダーを落とした場所をたずねているのが、画像の上にあるシーンです。

結果。
ノ コ エ ウ ン キ
というお告げでした。

七弦たちは、はじめこのお告げを「キンコノウエ」と並びかえた。なので、「金庫の上」にキーホルダーがあるのだと思った。
…が。見つからない。

と、悩んだのだけれど。七弦は、気がつく。このお告げは、「キンコノウエ(金庫の上)」ではなくて、
コウエンノキ=公園の木
なんじゃないかって。

といったわけで。最終的には、公園にある木の上で、七弦はキーホルダーを発見する。

とまあ、そういったかんじでストーリーは進んでいくのだけれど。ここでのポイントは、文字の並びかえをしているということです。つまり、
ノ コ エ ウ ン キ (こっくりさんのお告げ)
   ↓
キンコノウエ=金庫の上
コウエンノキ=公園の木
という順番の入れかえをしている。ここの部分を、「アナグラム」というふうに考えます。



例文を見るその2例文を見る(末尾)

――『生徒会の一存』4巻90~91ページ([原作]葵せきな・[漫画]10mo /富士見書房 ドラゴンコミックスエイジ)
真冬 まぁまぁ…
とにかくやってみて下さい」
くりむ ……まったく」
(画面) 十異世界
くりむ じゅう…
何て読むのこれ?」
真冬 〝とおいせかい〟
ですよ」
このような意味を込めた
素晴らしいタイトルです」
■十の異世界
■遠い世界
アナグラムで
〝せいとかい〟
——『生徒会の一存』4巻90~91ページ
([原作]葵せきな・[漫画]10mo
/富士見書房 ドラゴンコミックスエイジ)
すぐ右に引用した画像は、『生徒会の一存』4巻から。

ここは、生徒会室。

このシーンには、2人の登場人物がいます。右の画像の1コマ目に描かれているのが、その2人です。このうちで左にいる小さい女の子が、生徒会長のくりむ。そして、その右にいるのが、会計の真冬となります。

とはいいつつも。生徒会らしい活動をしていることはめったにない。

今回も、そのご多分に漏れず一風かわった活動をすることになる。

くりむ(生徒会長)が、
「RPGなんて何が面白いのか全然判らない!」
と言ったことで、話がはじまる。そしてなぜか、くりむ(会長)が満足てきるようなPRGをつくる。それも、ほかの生徒会員のメンバーで。そういった成りゆきにってしまう。

そして、1週間。そのRPGが完成する。そのPRGのタイトルが「アナグラム」になっているというわけです。なにせ、PRGを作った真冬が自ら「アナグラム」だと言っているのだから。

なお、確認しておくと次のとおり。
やや無理があるかと、思います。ですが、いちおう「アナグラム」だということができます。



レトリックを深く知る

深く知る1別のことばをつくる——「ナゾ解き」
まず。効果1別のことばをつくる——「ナゾ解き」のほうから、説明していきます。

こちらに当てはまるものとしては。上に画像で引用したものが、ピッタリといえます。つまり、なにか与えられたことばが使っている「文字」を並べかえて、ほかの違ったことばをつくる。まずはこれが、「アナグラム」を使われる理由の1つ目です。

この、1つ目のもの。つまり、 もともとの「つづり」を並びかえることで、意味の通じるようなべつの文・単語をつくるというタイプのもの

こちらだと、多くのばあい「ナゾ解き」で使われることになります。いいかえれば、一種の「暗号」として役立つことになります。

字の並びかたがバラバラで全く意味が分からない。もしくは、いちおう文(単語)としては成立しているけれども、そのまま読んだのでは意味を成さない。そういったものが、「アナグラム」によって解決されるというわけです。

深く知る2これまでなかった、新しいことばをつくる——「暗示」

上のものにたいして。

つぎに書いた、効果2これまでなかった、新しいことばをつくる——「暗示」というもの。つまり、もともとの「つづり」を並びかえることで、今までになかった新しい単語をつくり出すというタイプ。こちらについて解説していきます。

こちらだと、多くのばあい「新しい地名・人名をつくる」といった使われかたをします。つまり、作品に出てくる「人の名前」や「場所の名前」と名づけるとき、「アナグラム」を使う。そうすることで、一見するとたしかに、いままで見聞きしたことのない人名や地名にかんじる。だけれども、そのウラには、「アナグラム」を使う前の意味が隠れている。つまり、「アナグラム」のもとになったことばを暗示することになる。といった、そういったことになるわけです。

これが、暗示というわけです。

そして。この「暗示」というパターンでの「アナグラム」は、「ペンネーム」で使われることが、よくあります。ようするに、その本を書いている作者の「本名」に使われている文字を、「アナグラム」する。そうやって、バラバラにして新しくつくった並びかたを「ペンネーム」として使うといったことです。

マンガ家のペンネームには、このタイプの「アナグラム」は多くはみられません。小説家のあいだで使われることが多いようです。

なお、たしかに「アナグラム」を、こういったかんじで2つのパターンに分けるというのは、あまり一般的なものではないかもしれません。ですが、この2つのパターンによって、その使われる目的が大きく違っていると思われたので、説明を書いてみました。

深く知る3日本語での「アナグラム」の難しさ
ざっくり言って。日本語で「アナグラム」をつくるのは、大変です。難しいです。悩みます。

なぜなら。
日本語では、多くのことを少ない文字数の「ひらがな」「カタカナ」で伝えることができる
からです。
つまり、あるモノゴトを書こうとするとき。日本語だと、少ない数の文字(=「ひらがな」「カタカナ」)で伝えることができる。なのに、英語などのヨーロッパのことばでは、たくさんの文字(=アルファベット)を連ねる必要があるのです。

では、なぜ。
日本語で「アナグラム」をつくろうとするときに、このことが大きな障害となってしまうのか。それは、
並んでいる文字の数が多ければ多いほど、圧倒的に「アナグラム」を作りやすい
からです。

やや、極端な例として。
たとえば、
「ダイガク」 =(大学)
という4文字。これをランダムに入れかえると、できる配列は計算上、
24通り  ( =4! =4×3×2×1 )
です。けれども仮に、ほぼ同じ意味の、
〝 university 〟
という11文字。これも同じようにランダムに並びかえると、できる配列は計算上、
39916800通り ( =11! =11×10×…(長いので省略)…×3×2×1 )
ということになります。まあ、本当は「i」がダブっているので、少し減ります。このダブっている部分を考えに含めれば、計算上は半分ということになるので、19958400通りになります。

もちろん。この「大学」という例は、かなり極端な単語のばあいだということはいえます。また、英語のばあいには、AからZあわせて26文字しかないということも考えに入れる必要もあります。

だけれども。「24通り」VS「39916800通り」という、これだけの差ができてしまうということ。このことは、日本語を使った「アナグラム」が作りにくいということを強く感じさせます。

深く知る4ローマ字にして「アナグラム」をつくる
と、上で見てきたように。
日本語の「ひらがな」「カタカナ」を並べかえるという「アナグラム」は、レベルが高いといえそうです。

そこで。
一部では、「ローマ字」にする、といった方法がとられるばあいがあります。つまり、「ひらがな」とか「カタカナ」とかにしたものを並びかえるのではなくて、日本語を「ローマ字」にしたあとでシャッフルするということです。

例として。
『満月(フルムーン)をさがして』(種村有菜/集英社 りぼんマスコットコミックス)に登場する、「めろこ・ユイ」というキャラクター。

「めろこ・ユイ」は、職業・死神。このコミックでは、亡くなった人(のうちで、ある特別な事情のあった人)が、「死神」になるという設定になっている。

でもって。
この「めろこ・ユイ」は「死神」をやっているんだけど、「めろこ・ユイ」というのは、「死神」になってからつけられた名前なのです。じゃあ、生きているふつうの人間のときの名前は何? となると、これは「里匡 萌(りきょう もえ)」という名前です。

さて。話の流れとして、もちろんこの名前を「ローマ字」にした上で、「アナグラム」をしてみることになる。すると、
めろこ・ユイ
   ↓
M E R O K O Y U I
   ↓
R I K Y O U M O E
   ↓
里匡 萌(りきょう もえ)
と。めでたく、「アナグラム」が成りたっていることが分かりました。

というか。作者の種村有菜さんが、『満月(フルムーン)をさがして』4巻131ページにシッカリと書いていることなのですが。あ、単行本4巻にある第18話のトップ、というふうに書いたほうが伝わりやすいかな(裁ち切りが多いので、ノンブルが見つけづらい)。

こんなふうに「ローマ字」に変えてみれば、文字の数は増えます。そして、文字の数が増えれば「アナグラム」がやりやすくなる。
「めろこ・ユイ」だったら、並べかたは120通りしかなかった。それが、ローマ字「MEROKO YUI」にしたことによって、39916800通りになる(またもや「オーO」というダブりがあるので、もう少し減るけど)。

まあ。こんあふうに、「ローマ字」という方法をとったとしても。
それでも、「里匡 萌」という名前には「アナグラム」をすることの苦しさが漂っている。だって、「里匡(りきょう)」という名字は、少なくともATOKで[F2キー]を押しても変換されないし。「萌(もえ)」という名前も、彼女の生きていた年代を考えると違和感があります。

そういった事情は、おいておくとして。
日本語で「アナグラム」をするばあい、こんなふうに「ローマ字」を使うといったこともありえます。それも、わりと多くみかけます。
やっぱり、ふつうに「ひらがな」「カタカナ」で「アナグラム」を考えたのでは、難しいのだと思います。



レトリックの呼び方

呼び方5 アナグラム
使い方2 綴り換え・綴り換え語
使い方1 変綴法



関連レトリック

ことば遊び空言(そらごと)交叙法字喩アクロスティックメソスティックアルファベットアクロスティック、折句、回文洒落、駄洒落、地口早口ことばなぞかけ、類喩、数装法ダブルミーニング

参考資料

●『遊びの百科全書——1 言語遊戯』(高橋康也[編]/日本ブリタニカ)
「アルファベット」を入れかえて、「アナグラム」をつくるばあい。つまり、もともとヨーロッパにあった「アルファベットのつづりを入れかえる」という意味での「アナグラム」。そのことについて、いちばん大きく取りあげて説明してあるのは、この本です。
●『ことば遊びコレクション(講談社現代新書808)』(織田正吉/講談社)

こちらの本は。日本語の「ひらがな」や「カタカナ」を使って「アナグラム」をつくる、といったことにも話が及んでいます。つまり、たんに「アルファベット」のつづりを入れかえるということだけで、説明を終わらせているのではないのです。そのあたりに、ちょっとした独自性があります。



余談

余談1「めろこ・ユイ」という名前について、長々と語る

例として出てきた、「めろこ・ユイ」という名前。これがアナグラムになりにくい理由は、かならずしも「日本語だから」というわけではありません。つまり、一般論として「ローマ字にしても日本語ではアナグラムが作りにくい」とは、言い切れません。

では、なぜ「めろこ・ユイ」ではアナグラムをつくりにくいのか。その原因として、私(サイト作成者)の思うところでは2つが考えつきます。

ですので、ちょっと書いておきます。あくまで、想像の域を出ないものだけれども。

余談2理由その1。「めろこ・ユイ」には「Y」という文字がある

「めろこ・ユイ」をローマ字にすると、「Y」の文字が出てきます。「ユイ」が「YUI」になるからです。

そこで問題となるのが、この「Y」の使いかたです。どうしても、日本語では「Y」となるものの使いみちが限られるのです。

「Y」をアナグラムとして利用する方法としては。まず、「ヤ行(=や・ゆ・よ)」の時に使うことが考えられます。

ですが、こまったことに。
まず、ヤ行には「や・ゆ・よ」しかないのです。つまり、「ヤ行」には「い段」と「え段」にあたる文字がないのです。

くわしくいうと。

「Y」+「I」というものは、もともと日本語には存在すらしていません。
また、「Y」+「E」は「いぇ」ということになりますが、これも「イェ〜イ」なんていうのを除けば、外国の地名や人名といったものにしか使いません。ようするに、実際には「や」「ゆ」「よ」の3文字だけということになります。(厳密に書けば、「ヤ行のエ段については、平安ごろには日本語からなくなった(ア行にまとまった)」ということになるけど。まあ、この流れの中では書かなくていいことだという気がする。)

それに加えて。
日本語は、「や」「ゆ」「よ」という文字そのものが、あまり使われないものなのです。このことについては、細かい理論を書いておくよりも、かんたんに実感してもらうことができます。もしあなたの近くに「国語辞典」「百科事典」のたぐいがあったら、ちょっと開いて見てください。明らかに、「ヤ行」のページが少ないことがわかります。これはつまり、日本語ということばで「ヤ行」を使うこと自体が少ないということです。それはつまり、「Y」という文字を使うこともあまりないということです。

余談3理由その2。日本人の名字には、あまり「きゃ」「しゃ」とかは使わない
じゃあ。
「Y」を、「きゃ」とか「しゃ」とかいう単語に使えばいいじゃないか。「きゃ」は「KYA」だし、「しゃ」は「SYA」だし。これだったら日本語でも、わりと多いのではないか。と、そのように思われるかたもいるのではないかと思います。

ですが、やっぱり、こまったことに。
日本の「名字」には、小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」を使うことが、ほとんどないのです。つまり、「きゃ」だとか「しゃ」だとかを使った「名字」が非常に少ないのです。もちろん、日本語そのものには「ゃ」「ゅ」「ょ」が、わりと多くあるのです。なのに、「名字」に限ってみたばあいには、急に数が減ります。

その理由としては、次のような説明が成りたちます。
  1. 日本人の名字は、その大部分が「地名」をとって名づけている。(すくなくとも8割以上)

  2. 日本人にとって、小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」は、平安時代の終わりごろよりあとに、
    中国から新しく取り入れて、だんだんと根づいた。

  3. 日本の「地名」は、その多くが、平安後期・末期よりも前にできている。

  4. なので、そもそも日本の「地名」自体に、小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」を使ったものが少ない。

  5. そんなわけで、「名字」には、あまり「きゃ」「しゃ」といった音は見られない。
といったわけです。

もちろん。
「地名」にだって、小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」を使ったものは、ちゃんとあります。

いま思いつくものをいえば、「新宿(しんじゅく)」「二条(にじょう)」「三軒茶屋(さんげんぢゃや)」。ややマイナーになるけど「妙典(みょうでん)」。…どれも全て、電車の駅についている名前なのですが、まあ「地名」に間違いありません。なお。めんどうなので、ヘボン式だとどうなるといったことは、横においておきます(ついでに、北海道の地名はアイヌ語語源のものが多いので、同じく除いておきます)。

また。
日本人の「名字」にだって、ちゃんと「地名」から名づけられたものではないといえるものもあります。
わりと有名なのとしては、「服部」。これは、「はとりべ」という職業に由来した「名字」なので、明らかに「地名」ではありません。

そういうわけで。
あくまで、「多い」だとか「少ない」とかいったレベルのはなしです。ですが、小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」が入っている「名字」が日本人には非常に少ないというのは、間違いありません。
(ちょっとヒマになったら、『姓氏家系大辞典』(太田亮/角川書店)に「里匡」が載っているかどうかも調べたほうがいいだろうか?)

そして。
小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」を使った「名字」が、ほとんどないということ。それはつまり、「Y」という文字を使ったアナグラムが、やたら作りづらいということを意味します。もちろん、「作れない」というわけではありません。ですが、「うまく名字が出来上がるためには、がんばらないといけない」ということです

余談4結局のところ
で。結局のところ。
「Y」のある「人の名前」のアナグラムを、手ぎわよく生み出すためには。数少ない、ヤ行の「名字」を考えるというのが、正攻法だと思われます。「結城(ゆうき)」とか「吉田(よしだ)」とか「山口(やまぐち)」とか。まあ、こういったところからアタリをつけていくのが早そうです。

まあ。そこらへんにこだわらないでアナグラムを作る、種村有菜さんは。いい意味で「ふつうの考えにとらわれない」発想のできる人だと思います。そして、それは漫画家として、なくてはならないスキルです。

きっと。
こんなサイトをつくってしまう、私(サイト作成者)のようなアタマでっかちのカタブツとは、比べることはできないような人なのです。

【補足】この《余談》では、「名字」と「苗字」と「氏」と「姓」を区別しませんでした。それは、このような話題の中では区別する必要がなかったからです。というかむしろ、区別するとチンプンカンプンの文章になるからです。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類