TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類
 
倒置法 とうちほう hyperbaton, inversion
——『無限のリヴァイアス』1巻49ページ(栗橋伸祐・矢立肇・黒田洋介/メディアワークス 電撃コミックス) あたしは
知らなかった…
昴治と祐希のことも
現状も
これから起こることも


あたしはただほっとしていた
避難できたことじゃなくて——

そういうことじゃなくて——
——『無限のリヴァイアス』1巻49ページ
(栗橋伸祐・矢立肇・黒田洋介
/メディアワークス 電撃コミックス)


定義重要度

倒置法とは、ことばの順番を、普通とは逆のものにすることです。つまり、一般的な語順に逆らって、ことばの場所を変えるものです。言いかえれば、通常の語順をひっくり返すレトリックです。


効果

効果1倒置により後ろに来た部分を、強調する

この「倒置法」は、伝えたいことを強調するためなどに使われます。このばあい、後ろに来た文が強調されます。
:後ろ、後方、最後、後半、力点、ピント、焦点、要点、ポイント、重点、キーポイント、強調、強い、強まる、強める、強化、増強
効果2意外性をねらうために、あえてコトバの順序を入れかえる

コトバの順序が、入れかわることになります。ですので、受け手(聞き手・読み手)にとっては意外性のあるものとなります。
:意外、思いがけない、思いもよらない、思いのほか、図らずも、意想外、存外、慮外、不測、不意
効果3感情の起伏をありのままに表現することが、結果として倒置になる

詩や俳句などで、感情や感動をあらわしたい。そんなときには、ありのままに表現するために「倒置法」を使うことがあります。韻を踏むなどの都合で、倒置になることも多く見られます。
:詩歌、詩、和歌、短歌、俳句
効果4調子を整えて余情を出し、味わいを生む

とくに詩などでは、コトバの位置を入れかえることがああります。これは、韻を踏んだり音の長さを整えたりするのに「倒置法」が役立つためで。
:調子、具合、加減、流れ、歯切れ、語呂、強調、語勢、余情、余韻、趣き、情趣、趣向、味わい
効果5「倒置」にしたフレーズの部分に、読者を引きつける

受け手(読み手・聞き手)を、カンタンに引きつける。その方法として、「倒置法」が役に立ちます。
:引きつける、接近、アプローチ、引く、見入る、魅惑、訴える、知らせる、知らせ、告げる
効果6気分が高まったり、感動したときに、その感激を伝えることができる
気分が高まったり、感動したとき。その感激や驚きを伝えるのに役立ちます。
:感情、気持ち、心外、思い、心持ち、気分、感情、感動、感きわまる、感激、感慨、驚嘆、驚く、驚き、驚かす、はっとする、息をのむ、驚異、舌をまく、あっと言わせる、起伏、波、上がり下がり、波打つ、浮き沈み、浮沈、高まり、高まる、盛り上げる、盛り上がる

使い方
使い方1通常の語順をひっくり返す

あることばを、自然な位置からほかの位置へと移すものです。
使い方2ことばの順番を、普通とは逆のものにする

一般的な語順に逆らって、ことばの場所を変える。そうすると、日本語の文では、ふつうの(日本語の)文では、述語が最後に置かれます。ですので、これに逆らって述語に当たる部分を先に出してきて、主語に当たる部分を後にもってくる。それが、基本的な「倒置法」のかたちです。

注意

注意1事務的な文章には、使ってはいけない

たいていのレトリックがそうであるように、「倒置法」を事務的な文で使うことは避けるべきです。
注意2使いすぎたり、乱用してはいけない

意識的に「倒置法」を使うと、効果を発揮しやすいレトリックです。これは、日本語のリズムが単調なためです。ですが基本的に「倒置法」は、文のレベルで位置を変えるという大がかりなレトリックです。そのため、これを乱用すると、何が言いたいのかが分からなくなってしまいます。
:乱用、使いすぎ、みだり、不当、でたらめ、むちゃ、むちゃくちゃ、行きすぎ、余りに、やたら、むやみ、軽はずみ、軽率、軽々、無分別、むやみやたら、ルーズ



例文を見る例文を見る(末尾)

引用は『無限のリヴァイアス』1巻

このコミックスのほうでは、「蓬仙あおい」が主人公。

その蓬仙あおい達は、宇宙にある航宙士の訓練所(リーベ・デルタ)で訓練を受けながら生活をしていた。しかし突然、事故が発生。とりあえず中央にある宇宙船(リベール)に避難することになる。しかし、同じ訓練所にいたはずの幼なじみの相葉昴治が、避難してきていない。

が、ギリギリのところで昴治は避難できたことを、あおいは知る。それを知ったときの、あおいの独白が引用のシーンです。
あたしは
知らなかった…
昴治と祐希のことも
現状も
これから起こることも
という引用したところは、文が逆さまになっています。「あたしは知らなかった…」で終わりかと思ったら、つけ足したように「昴治と祐希のことも 現状も これから起こることも」という文がついてきます。この部分が「倒置法」にあたります。

いちおう、これが「倒置法」であることを確認しておきましょう。

本来ならば
昴治のことも祐希のことも 現状も これから起こることも あたしは知らなかった…。
というように、倒置になっていた文章が文の流れどおりに戻ります。ですので、これは「倒置法」に分類されます。



レトリックを深く知る

深く知る1「倒置」とは何なのか
「倒置法」とは、ことばが「普通」・「一般的」・「通常」・「自然」な位置とはひっくり返っていることをいう。そのように定義しました。

ですがまあ、実をいえば。

ことばの順番が、「普通」だとか「一般的」だとか「通常」だとか「自然」だとか。そういうことを厳密に考えるのは、大変なことです。
はたして、いったい何が「普通」なのか。それは、一見すると簡単な疑問のように思えます。ですが、深く考えてみると、とても哲学的で、すぐに答えの出る問題ではありません。

まあとりあえず、そんなことを深く考えるのことは、やめておきます。そうでないと、「倒置」というものがどんな状態なのか分からなくなってしまうからです。

深く知る2日本語の「倒置法」

日本語の場合には、この「倒置法」というものを考えるのは、少しやっかいです。というのも、日本語の性質として「ことばの順番についての決まりが、ほかの英語などよりも緩やか」だからです。

日本語で語順に関する規則は、次の2つしかありません。
  • 動詞、形容詞、形容動詞などの述部が文末に来る
  • 修飾語が被修飾語の前に来る
の2つです。

つまり日本語は、ことばの順番についての「しばり」が、あまり強くないのです。わりと自由に、単語のならびかたを変えることができるのです。

そんなわけで「倒置法」は、日本語に簡単に当てはめて考えてみることができないものです。なので「倒置法」は、やっかいなレトリックでもあります。

深く知る3「倒置法」を使うばあいのデメリット

「倒置法」を使うばあいに、気をつけなければならないこと。それは、「使いすぎると、意味不明の文章になってしまう」ということです。

これまで書いてきたように「倒置法」というのは、ことばの順番を「普通」とはひっくり返して使うことをいいます。なので、どうしても「不自然」な文ができあがります。「不自然な文章」というものは、とあるレベルを過ぎると「意味不明の文章」になりかねません。ですので、そのあたりには気をつける必要があります。

もちろん、1つくらい「不自然」な文があったとしても、読んでいる人・聞いている人が伝えたいことをキャッチできます。なので、なにも問題なくコミュニケーションをすることができます。

もっといえば、印象を強くしたい文をワザと「倒置」にする。そのことによって、読んでいる人・聞いている人が「倒置」されている文章のところで、なにかしらの「不自然さ」を感じとる。そうやって、印象を強くしたいという目的をはたすこともできます。

また、日ごろいつも実際に交わしている「会話」。この「話しことば」のなかでは、実際にはとても多くの「倒置」が使われています。ですが、たいていのばあいには、ちゃんと意見のやりとりが成りたっています。

ですが。
そのように使われている「倒置」というものが、文法のルールどおりのものではないということ。そのことは、十分に気をつけておく必要があります。たとえば文章を書くときには、ムダに「倒置」を使うということはしないほうがいいでしょう。というのは、もし必要以上に「倒置」があると、それは「不自然」な文であるばかりでなく、とても読みづらい文章になるからです。

深く知る4「倒置法」と「追加法」との違い

「倒置法」は、文章の中でコトバの順序を入れかえるものです。これにたいして「追加法」は、いちど終わった文に、さらにつけ足しをするというレトリックです。この「倒置法」と「追加法」は、ほとんど同じことを意味します。

ですが、いちおう「倒置法」は倒置していない状態に文を戻すことができる。これに対して「追加法」は、「倒置法」のように逆転することができない。そのように分けることができます。
:補足、補う、補い、補充、添加、加える、プラス、つけ加える、つけ加わる、肉づけ、足す、つけ足す、継ぎ足す、継ぐ、付加、追加

深く知る5話し手が思いついた順に言ったにすぎないとき

単に話し手の思いついた順番に言葉を並べた結果、普通の文法と異なる語順になってしまった、ということもあります。はたして、このようなものまで「倒置法」として、レトリックに含めるかどうか。これについては、議論の分かれるところです。けれども基本的には「倒置法」に入れないとされています。




レトリックの呼び方

呼び方 倒置法・倒置
呼び方 転倒



別の意味で使われるとき

「倒裝法」を意味する「倒置法」

まれに「倒置法」が、「倒装法」を意味するレトリック用語として使われることがあります。この2つは性質が似ているうえ、「倒装法」というレトリック用語がマイナーだからです。このサイトでは「hyperbaton, inversion」には「倒置法」をあてて、「hypallage」には「倒装法」をあてることにします。



関連レトリック

語順操作、代換法転移修飾語、倒装法

参考資料

●『日本語のレトリック—文章表現の技法—(岩波ジュニア新書 418)』(瀬戸賢一/岩波書店)

一見すると、子供向けの本に思われるかもしれません。ですが、取りあげているレトリック用語の説明は、かなりていねいです。「です・ます体」で書かれているので、人によっては合わないかもしれませんが。
●『日本語解釈活用事典』(渡辺富美雄・村石昭三・加部佐助[共編著]/ぎょうせい)

「倒置法」について、1つの章を使って説明してあります。かなり重視しています。追う」を使ったばあいの効果についての記述も多いので、参考になります。



余談

余談1『無限のリヴァイアス』のタイトル

今となっては、昔のことですが。『無限のリヴァイアス』というアニメが放送されていました(1999年〜2000年)。

この『無限のリヴァイアス』を見ていた人(それから、『無限のリヴァイアス』のコミックを読んだ人)には、すぐわかることが1つあります。
それは、各話のタイトルが「ひらがな」になっているということです。

参考までに、アニメ版のほうのタイトルを書いてみますと、
Sere1 きたるべきとき
Sere2 よけいなこと
Sere3 うなばらをこえて
    (以下略)
…明らかに意識して「ひらがな」になっています。
このワザと「ひらがな」になっているという点は「字装法」というレトリックにあたります。
(「字装法」については、そちらを参照してください)

余談2「ルクスン・北条」と北条氏

ここから下ではレトリックと関係のない話をするので、読み飛ばしてかまわないですが。

よく「ルクスン・北条」は、「北条家24代の3男」だと言っている。
これは、「北条早雲(伊勢長氏)」からはじまる、いわゆる「後北条氏」の24代ということを言っているのかどうか。そのことについてを少し考えてみます。

なお、「後北条氏」というのは、戦国時代に関東地方を支配していた「北条氏」のことです。これは、鎌倉時代に執権だった「執権北条氏」と区別するためにつけられている呼びかたです。

で、検討。
まず、作品の時代設定を見てみると、「西暦2225年」ということになっている。
他方で、北条早雲(伊勢長氏)は西暦1432年に産まれたとされている。

なので、引き算をしてみると、「2225年−1432年=793年」となる。つまり、「後北条氏」の1代目の北条早雲(伊勢長氏)から、ルクスン・北条の親にあたる24代目にまで受け継がれるのに、793年ほどかかっているということになる。

そこで、今度は割り算をしてみる。つまり、「793年」の長さで「24代」を受け継ぐことができるのか、ということを考えてみる。そのための割り算です。
すると、「793年÷24代=約33年」ということになる。
これはつまり、1代が33年ごとに入れかわっていることになる。言いかえれば、次の当主になる子供が、33年のサイクルで産まれている計算になる。

これは、不可能ではない。不可能ではないけれど、私の受けた印象では、少し長いと感じた。というのは、家系の計算をする場合にふつう、「1代」は「25年程度」と計算することになっている。つまり、次の当主が産まれるのは「約25年」という長さが一般的なのです。

現に、
  • 2代目の「北条氏綱」と3代目の「北条氏康」とのあいだには、29年の開きがある。
  • 3代目の「北条氏康」と4代目の「北条氏政」とのあいだには、23年の開きがある。
  • 4代目の「北条氏政」と5代目の「北条氏直」とのあいだには、24年の開きがある。
というわけで、だいだい「25年程度」と考えるのが一般的です。

ただ、氏直が高野山に追放されたあと、死去するに際して、いとこの氏盛に家督を譲っている。そして、この氏盛の子孫は狭山藩北条氏として大名に列せられている。
そして、この「氏直」と「氏盛」との家督相続のとき、年代にズレが出ている。たった15年の年の差での相続が、おこなわれているのです。

こういった、原則からはずれた年の差での当主の交代が起きることがあります。なので、「25年程度」というのは、たんなる目安でしかありません。

そのように、「25年程度というのは、目安でしかない」と考えると、「約33年」というサイクルも、不可能ではない。無理だとはいえない。晩婚化でも進んだりしたのなら、むしろ、自然なのかもしれない。

なので、結論。
「ルクスン・北条」は、「後北条氏」の末裔であると言える。
ということにしておきます。

なお「狭山藩北条氏」は、明治維新のときに「子爵」となっています。ついでに書いておくと、戦後は「創価学会」で重要な役割を担っていきます。…どうでもいいことだけれど。


このサイト全体からのサーチ
 
「使う目的別のページ」の中からサーチ
TOPへ 50音順 使う目的別 佐藤信夫『レトリック事典』の分類 中村明『日本語の文体・レトリック辞典』の分類