ロゴ
 このサイトはリンクフリーです。リンクの際は、原則としてTOPページへお願いします。
 その他、お問い合わせは下記まで(☆はアットマークです)。
kusamori_lib☆jcom.home.ne.jp
草森紳一 著作目録
 草森紳一が残したもの。――それは、膨大な原稿と、膨大な蔵書だけではありません。遺品の中には、これまた膨大な量の写真が含まれていました。ここでは、大竹昭子さんに、それらの写真を紹介しながら、「草森紳一と写真」について語っていただきます。
目  次
水1■その1 水に浮かんでいるもの(2009.5.2up,6.27revised)

水1■その2 相手に見られずに見ていたい(2009.6.27up)

■その3 人間の主人公は「無意識」である(2009.8.18up)

水1■その4 縦写真のシュールさ(2009.9.23up)

■その5 『カメラ毎日』の日々――その1(2009.11.17up)

■その6 『カメラ毎日』の日々――その2(2010.3.8up)

■その7 『カメラ毎日』の日々――その3(2010.11.30up)

■その8(最終回) 『カメラ毎日』の日々――その4(2011.7.19up)

大竹昭子(おおたけ・あきこ)
ノンフィクション、エッセイ、小説、写真評論など、ジャンルを横断して執筆。トークと朗読の会<カタリココ>を各地で開催している。 著書に『この写真がすごい2008』(朝日出版社、2008)、『きみのいる生活』(文藝春秋、2006)、『眼の狩人』(ちくま文庫、2004)、短編 集『随時見学可』(みすず書房、2009)、『あの画家に会う 個人美術館』(新潮社とんぼの本, 2009)など他多数。最新刊は 長編小説『ソキョートーキョー』(ポプラ社、2010)。
web: 月曜社の webサイトで「森山大道のon the road」を連載中、紀伊國屋書店「書評 空間」の同人。

<カタリココ>の日程は次のページを参照
http://katarikoko.blog40.fc2.com/