生き方

40歳になってみて

自分が40歳になるなんて思ってもいませんでした。
30歳になった時も同じようなことを言っていたような気がします(笑)

 

人生の折り返し地点を折り返したけど、何かが変わったか?と言うと、
何も変わっていないのが今の私。そろそろ大人の女の域に達してもいいんじゃない?
って思うけど、まだまだ道のり遠い感じです。

 

35歳から私の人生は大きく変わりました。
専業主婦だったけど離婚したことで仕事を初め、幼稚園の子供と二人暮らしになり、
買って数年の家を手放すのは惜しいと母を呼んで3人暮らしになり、
子供が小学生になったのを機にフルタイムで仕事を始めました。

 

今まで何かを自分で決めると言うことをしてこなかった私は、
ほんの小さなこと一つも自分で考えて答えを出すということから始めなくてはいけなくて、
完全に頼り切っていた自分に気づかされました。

 

40年間、私は自分で思い悩んで決断ウをしたということはなかったように思います。
人生の中で大きかった離婚という問題も、自分で決めたことではなく、ただ受け入れただけ。
今までお気楽な人生を歩いて来ていたんだな〜ってつくづく思います。

 

でも、その生き方を実は結構気に入っています。
悩んで答えを出すのではなく、自分の感性にしたがって行動しているだけ。
言葉にできない感覚だけど、今までそれで何となく上手く言っている気がします。

 

復縁への執着もないし、でも元夫と今の方が中がいいかもしれない微妙な関係。
周りの理解は?だけど、子供にとっては今できる最善の方法だとお互いに思っていて、
無理をしているわけでもなく自然に今があります。

 

素直なだけが取り柄だと言われ続けた40年。
騙されて傷ついて人間不信になって、苦しんでいるときにもちゃんと助けてくれる人がいて、
いつも周りの人に恵まれているのは、やっぱり素直に生きているからなのかもしれないって
思います。

 

40になって思うこと。それはこれからも自分らしく生きたいって心から思います。
だって、私は私でしかないのだから。