行政書士  良子修 行政法務事務所
福岡市中央区黒門8−13−501
tel  092-725-8231
福岡県行政書士会所属
入国管理局入国在留審査関係申請取次行政書士 
gyouseisyoshi ryoko-osamu   office
日本に入国・在留をご希望の外国人の方は、申請人(外国人ご自身)またはその代理人等が日本の
入国管理局に出向き申請手続きをしなければなりません。在留資格の変更や期間の更新についても
同様です。

申請取次行政書士は、申請人やその代理人(親族)、招へい機関(会社)などに代わって、申請書を
地方入国管理局に提出することが認められています。
当事務所代表行政書士は、法務省入国管理局長から「在留審査関係申請」及び「在留資格認定証明
書交付申請」の「申請取次者」の承認を受けています。
国際業務専門の行政書士事務所です。外国人の日本入国・在留、留学・就職・転職・就労・会社経営・転勤・国際結婚・家族滞在・特定活動・定住者・永住者・短期滞在などの入管手続き、ビザ申請、帰化申請のサポートを行います。
行政書士は、法律で守秘義務が課せられています。どうぞ安心して、ご依頼下さい。
   【 営業日 】     月曜日 から 金曜日  (土日・祝日・盆・年末年始は休業)

   【 営業時間 】   午前9時 から 午後6時





※ 事前にご予約いただくと、土曜、日曜、祝日、午後6時以降の面談も可能です。


※ 面談をお急ぎの方は、携帯電話をご利用下さい。( 携帯 090-7399-9301 )  
入管手続・申請取次事務所
申請取次行政書士に依頼するメリットとしては・・・


メリット@  申請人は、原則として地方入国管理局への出頭が免除されます。


メリットA  企業や学校は、外国人の受入れの手続きを適切かつ迅速に行う
       ことができます。


メリットB  入国 ・在留、在留資格の変更、在留期間の更新などに関わる法
       的なアドバイスを受けることができます。
入国管理局申請取次行政書士

       良子 修
immigration legal adviser office
* 在留資格認定証明書交付申請
application for certificate of eligibility

* 在留資格取得許可申請
application for permission to acquire atate of residence

* 在留資格変更許可申請
application for change of status of residence

* 在留期間更新許可申請
application for extension of period of stay

* 再入国許可申請  ( 1回 ・数次 )
application for re-entry permit ( single ・multiple )

* 就労資格証明書交付申請 ( 現職・転職 )
application for certificate of authorized employment

* 資格外活動許可申請
application for permission to engage in activity other than that permitted under the status of residence previousy granted

* 短期滞在
temporary visitor

* 永住許可申請
application for permanent residence

* 在留特別許可
special permission for residence  

* 上陸特別許可
special permission for landing

* 帰化許可申請
application for naturalization

* 相談
administrative scrivener consultation
【 取扱・サポート業務 】 
プロフィール
事務所報酬規定
外国人の在留資格一覧
在留資格認定証明書
092-725-8231
行政書士 良子修 事務所
行政書士 良子修事務所

当事務所の営業区域は、福岡入管(福岡入国管理局)の管轄区域です。
(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児県、沖縄県)

ご依頼があれば、その他の地方入国管理局管轄地域にも申請取次を行います。



次のようなご希望があれば、どうぞ当事務所にご相談ください。・・・・・


 ● 日本の企業に就職、転職したい。


 ● 調理師(コック)、ソムリエ、宝石技術者、デザイナー、貿易実務者、コンピューター技術者、研究者等を日本に呼び寄せたい。


 ● 結婚相手(日本人の配偶者)を日本に呼び寄せたい。


 ● 事業計画書、雇用契約書、理由書などの書類の立案および作成。


 ● 日本国内で会社設立、会社経営を行うために日本に入国 ・在留したい。


 ● 在留特別許可、上陸特別許可の手続きについて。


 ● 観光ビザ(短期滞在ビザ)で友人、婚約者、親、兄弟等を日本に呼び寄せたい。


 ● 海外に住んでいる家族(夫や妻、未成年の子供)や老親を日本に呼び寄せたい。


 ● 永住者、定住者、特定活動の申請、帰化許可申請を行いたい。 


 ● ビザ・在留資格変更やビザ期間更新(延長)、在留資格取得、就労資格証明書、再入国手続、資格外活動の許可申請を行いたい。


 ● 在留資格認定証明書が不許可になったので、再度申請を行いたい。
< 福岡入国管理局管轄区域 >福岡入管局
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
就労資格証明書
日本行政書士会連合会
行政書士会員検索システム
相互リンク
アクセスアップは相互リンクで
携帯サイト
immigration legal adviser office
入管局への申請手続については、ネット上で必要資料や申請書の書き方等が公表されていますが、申請するだけで許可されるものではありません。

日本の入管審査は世界中で最も厳しいといわれています。日本国に必要と思われる外国人には門戸を開け、積極的な受入れ施策をとっていますが、入管法の基準に合わない外国人や疑わしい外国人には徹底的な水際対策をとり、日本への入国・上陸を阻止しています。

また、「在留資格の変更」や「在留期間の更新(延長)」は、『 法務大臣が適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り、許可することができる。』とされており、簡単には許可されません。


真正な活動目的や適切な入国・在留条件を持っている方であっても、入管局への申請手続きの際に、申請書類のほんの些細なミスや勘違いで、不許可になることが多々あります。
許可を得る目的で、『 虚偽 』の書類作成や『 不実 』の資料を提出した場合は、今後の入管手続きが大変難しくなります。


ビザ、在留資格の入管手続きは、申請取次者の経験,・知識,・気持ちで結果が大きく左右されます。
当事務所は、「 精励恪勤 ・ 誠意誠心 」をモットーに、良心的な料金設定で、これまで数多くの入管申請手続きを行っており、ご依頼者様との「面談」による綿密な打合せをもとに、充分時間をかけ申請書類を作成し、在留資格(ビザ)の許可確率を高くするよう心がけています。

「在留資格認定証明書」の申請をご自身でされ、残念ながら不許可になった場合であっても、申請内容や申請経緯によっては、再申請で許可を得ることも可能ですので、申請資料は必ずコピーをとっておくことをお薦めします。


当事務所では「申請書」、「申請理由書」、「採用理由書」、「招へい理由書」、「事業計画書」、「予定計画書」、その他の書類の作成のみのご依頼もお受けしています。
詳しくは、当事務所に直接お尋ね下さい。
「ご相談 ・業務のご依頼」の面談は、予約制となっています。

事前に電話もしくはメールでご予約下さい。

(電話&携帯の受付は、午後6時までです。)
事務所業務の流れのご説明
メール
「ご相談」・「業務のご依頼」についてのご説明
法務省入国管理局
福岡入国管理局
帰化申請について
在外大使館・領事館
入管基準省令
業務のご依頼、ご相談をご希望の方はこちらをご覧下さい。
詳しいご説明を差し上げます。
BBS7.COM
MENURNDNEXT
人文知識・国際業務
投資・経営
技能
技術
興行
企業内転勤
法律・会計
医療
研究
教育
文化活動
留学
家族滞在
特定活動
定住者
永住者
日本人の配偶者等
永住者の配偶者等
短期滞在
業務ご依頼 説明ページ
良子ブログ
在留資格取得許可申請
教授
芸術
報道
宗教
企業様、個人事業主様の顧問契約をお受けしております。
在留資格変更許可申請
在留期間更新許可申請
事務所料金規定のご説明
資格外活動許可申請
顧問契約について
雇用契約書(採用通知書)
在職証明書
外国人の雇用社会保険の加入義務
理由書
事業計画書
電話無料相談室
外国人・ビザSOS
国際結婚に関する手続き

無料 アクセス解析太陽光発電

古物営業許可申請
古物商や古物市場主の営業をされる外国人の方は、公安委員会の営業許可が必要です。

お気軽にご相談下さい。
日本ビザ・在留資格の取得、在留期間の更新、在留資格の変更をご希望の
外国人の皆様へ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Immigration Legal Adviser 

申請取次行政書士 良子 修
顧問契約のご説明
在留資格取消制度
出国命令制度
罰則改正
外国人実務六法
入管難民法に関わるニュース
業務のご相談・ご依頼をご希望の方は、こちらをご覧下さい。
無料相談をご希望の方は
こちらからどうぞ
相談 ・依頼 説明窓口
VISA  Q & A
退去強制 (国外追放)
在留特別許可
上陸特別許可