これまで中国語学校、短期・長期の
留学などで、一緒に学んだことが
ある方メール下さい。
同窓会でもしませんか。
お待ちしています。


留学相談のメーリングリストを開設
しました。参加・ご利用下さい。





Last update: 2014-5-24
中国留学研究所主宰


「中国留学ガイドブック」(三修社刊)
著者・秦 佳朗が開設している
中立的な第三者による中国留学
紹介のホームページであり、留学
斡旋業者のものではありません。

留学をどう成功させるか?
各人の条件に合わせ、手続きの
進め方、事前の学習と準備、現地
での生活、勉強方法等を具体的・
全般的にボランティアでアドバイス
します。


初心者から中国語個人レッスン
を行っています。

(留学・駐在・出張の準備に中国語
を学びたい方には、中国語の授業
と共に訪中の手続きから準備まで
をアドバイスします。)

     
更新情報

                                       

最新の更新ヶ所 ●
四川大学留学体験のレポート
四川成都大学留学体験のレポート
ニュー 中国留学ガイドブック
中国留学を自分で手続きする
北京語言大学本科編入・卒業体験レポート
北京語言大学普通班から私塾に転校
北京連合大学留学体験のレポート

留学前の重要情報
 
中国留学前の中国語学習法
日本での中国語学習法の手順
中国語学留学の基本的3コース
通訳になるにはどうすれば良いか?
中国語教育と中国留学における現状と問題
中国の留学生受入規定法規の訳文
1989年6月4日天安門事件と現代中国

中国留学説明会の日程案内
中国留学説明会の開催
(会場/教室へのMAP)
講座開講日程のご案内
中国語の個人レッスン/留学準備講座など
中国の大学体験紹介(体験談)
〔台湾・香港も一部含む〕
中国の大学体験紹介
ホームページ及び「中国留学ガイドブック」の
読者のみなさんへ

質問にご利用ください
(現在、腕の腱鞘炎で相談メールは休止しています
(中国語授業は開講しています)
留学相談フォームへ

ガイドブックの改訂・増補
(この中に役立つ新しい情報が入っているので見てください。

留学資料の提供・巻末アンケートの送付方法
Information


■中国留学の最新情報を、ガイドブック改訂・増補、中国の大学紹介、留学レポート、Q&Aなどの頁で見てください■
(下記をクリックしてください)

改訂増補
(ビザ・健康診断の用紙入手、健康診断を受けられる病院、奨学金、アパート住まいなど)

中国の大学紹介
(留学先大学体験者のアンケート、北京の速成班・個人レスン、香港、広東、台湾なども)

留学レポート
(奨学金試験、ホームステイ、私塾、シニア留学、台湾留学など有用な留学体験談)

留学Q&Aの目次
語学留学希望は、どの大学へ行けばよいか?の選択法基本3つ、現地での勉強法、訛りの問題など)
(↑ここをクリック)              


■このホームページから留学相談ができます■

 留学相談フォームで、中国留学の相談、質問を送ってください。「中国留学ガイドブック」著者の秦佳朗がお答えします。

 相談方法について詳しくは≪中国留学研究所 留学相談≫をクリックください

 或いは  留学相談フォームへ (青いところをクリックしてください)





 
                ■中国語個人レッスンの教室を開いています
               (留学・旅行・出張の方は準備のアドバイスもします)

 ●中国語基礎のレッスン(発音教育主体の授業)

――中国語初心者の方の参加をお待ちしています!――
 
 まずはしっかりとした発音をマスターすることから始めます。
 幅広く浅く単なる知識としての中国語を覚えるのではなく、本当に話せる中国語を学びます。とにかく、中国の方と少しでもコミュニケーションが出来る会話の言葉からまず覚えるレッスンです。
 最初は、中国に旅行、留学、駐在などをしたときに、特に良く使う言葉を抽出したテキストを使って、確実な発音の修得をします。発音法、その構造を詳細に教授することからのスタートです。(当初のテキストには、以前に出版した自著「中国生活事典」(白馬出版刊)に執筆した「ワンポイント中国語」を使用します。もしあれば、現地で持ち歩ける電子辞書の「ひとり歩きの会話集 中国語」も使えます。(持ち歩けるもので学ぶことで現地で便利です)或いは、貴方がこれまで使ってきた教材を使っても構いません)
 中国で放送関係者を養成する唯一の全日制4年制大学である中国伝媒大学(旧称:北京広播学院)のアナウンサー学部においてアナウンサーの標準語教育をしている講師から発音矯正法の教授を受けており、そこで修得した中国標準語の発音法をお教えします。
 往々にして、学校での英語の勉強のように、結果的には何も話せない、聞き取れない、となってしまう知識の語学学習はしません。
 たくさんの知識と単語を学ぼうとして、却って、簡単なあいさつ言葉も身に付かないと言う外国語勉強法ではなく、とにかくまずは必須となる重要なポイントの言葉から発音を徹底してマスターすることから始め、日常会話を修得していきます。
 そのためにも、ノートは必要ありません。黒板書をしないで、耳で口で学ぶこととし、その日の授業の中で、例えば、100の言葉を知るのではなく、10の言葉を覚えきる授業です。
 基礎の発音と会話文を学び終わった後、次には中国語の教室用語を学び、なるべく中国語で授業を進め、会話力を養う第一段階とします。
 まずは、教室での会話を導入として、それに慣れたら日常会話へ応用して行きます。先生への質問方法、普段の挨拶などから学びはじめます。
 そして、中国語だけで授業を進める直接教授法(学習者の母語を使わないで教えること)で、中国人留学生などの教師・友人から中国語だけで学べるようになるまで修得を進めていきます。
 最終目標は、中国語だけで話す授業を受けられるようにします。
 また、現地に行ったとき触れあう中国の人々とコミュニケーションが取れ、いろんな中国語を質問できる能力を養います。


 ●急に中国出張、駐在、家族の駐在に同行などになった時に必要な中国語のレッスン

 発音から始めて、現地で必要度の高い会話から学びます。教材は、現地生活で、必要度ある会話を精査したオリジナルテキストを使います。電子辞書の「ひとり歩きの会話集 中国語」をお持ちなら使います。現地で持ち歩けるので事前に内容を学んでおくと利用に便利です。また、あなたが使ったことがあるもの、使いたいものでも構いません。


 ●臨時に急遽必要となった中国語だけのレッスン

――必要な中国語だけを緊急に教えてほしいというレッスンの要望にもお応えします!――

 仕事でお客さんが、あるいは知人が訪ねて来るので、その時に必要となりそうなフレーズ、会話パターンだけを学びたい、という要望にお応えします。
 まず最初に、必要なフレーズの日本文をメールでお送りいただければ、中国語に翻訳しておいて、レッスンで発音からお教えします。


 ●留学準備のためのレッスン

 
留学に行く渡航の時期が迫ってきたとき、事前に、現地での生活の知恵、習慣の心得、現地での手続き上の中国語、授業を受けるための教室用語の中国語、基礎的な中国語など留学に必須の中国語を教授します。留学準備講座を個人レッスンで行います。
 近年は、留学に行く数週間前になって、発音と基礎会話について4,5回の授業で教えてと言う要望もあり、要望回数で希望の発音基礎をお教えしています。
 中国へ行く前に、中国語だけで発音法を説明する現地の授業では不足を予想して、日本語での発音の手ほどきを受けたいと言うことだと思います。


学習内容は

 留学制度関係:
*留学の手続方法
*現地で入学、ビザなど手続きの仕方
*現地生活のための準備
*荷物、保険、送金、金品所持法、貯金の方法など
*その他

 中国語関係:
*教室用語
*現地での勉強の仕方とその注意
*発音の学び方と発音欠点の矯正
*留学に必須の実用的中国語
 (自著「中国留学ガイドブック」(三修社刊)に執筆の内容を使用します。税関、衛生検疫所、宿舎手続、入学手続、授業、銀行などで使用の用語を学ぶと共に、それぞれの所での制度・習慣についても解説していきます)
*生活のための必須中国語
*新HSKテストの手ほどき
*電子辞書「ひとり歩きの会話集 中国語」(お持ちなら使います)
*その他

 その他、質疑応答など受講者のニーズにもとづいて授業を行います。


 上記3種類のレッスンに共通の案内
  • 場 所  中国留学研究所事務所教室 (小金井市本町)
          *地図はこちらです
  • 日 時  授業を行える日・時間帯などは、週末と平日の昼間も夜間もあります。メール、電話でご相談の上、ご予約下さい。
  • 予 約  レッスンの予約は、メーリングリストで空いているレッスン日を確認して、都合がよい日を、その都度メールで予約いただきます。
            (レッスンの参加も参加費のお支払いも、一括でなく、毎回その都度で構いません)
  • 交 通  東京・JR中央線・武蔵小金井駅(新宿から25分乗車)
           北口下車徒歩5分

  • 講 師  秦 佳朗(はた よしあき)

  •   プロフィール
       中国北京大学へ都合4年間留学(普通進修生留学1回、研究留学1回)
       中国伝媒大学(旧称:北京広播学院)アナウンサー養成講師による発音矯正研修受講2回
       朝日中国文化学院など講師
       元国立京都工芸繊維大学中国語非常勤講師
       元日中学院通訳翻訳部担当兼講師
       元東京都中国語相談員     
       文部科学省関係団体・日本学生支援機構(旧称:日本国際教育協会)
                       留学情報センター(中国語圏留学相談員)
       中国語ボランティアネットワーク代表
       「中国留学ガイドブック」(三修社刊)著者・秦佳朗

  • 参加費 4,500円 (90分1回の授業・1時限は45分で2,000円)
            (お支払いはレッスン毎に1回分をお支払です)
            (1時限45分のみ2,000円/60分1回3,000円/120分1回6,000円)
            (ご希望により、途中で授業時間に含まない休息を適宜とります。)
                
  • 問合せ・申込み 中国留学研究所 hatayoshiaki2003@yahoo.co.jp までメール下さい。
                         電話は042−387−7409 

個人レッスンの利点:
 (生徒の声を拾ってみると)
・個人レッスンは時間数、つまり授業効果との関係で換算すると、最低でも少人数クラスの3分の1以下の授業時間数のスピードで、同様の量の進歩できる。

・発音を自分一人で、じっくり直してもらえる。

・自分一人で講師と質問も会話も自由に出来る。

・学びたいレベルの授業の曜日、時間帯を、自分の都合で選べる。

・語学の学習では教室で緊張して上手く発音できないという心配が必要ない。

・クラスレッスンのように、他の人が読んだり話したりしているのを聞いている時間のロスがない。

・自分の学びたいことを要求できる。



 (講師からすると、じっくりと一人に教えることは、生徒からの反応がハッキリとあり、進歩が目に見えるので教え甲斐がある。
 
以下のような例のケースはほとんどなく、生徒さんは皆さんユックリと学ぶことを希望しているが、例えば、留学に行く前に一気に学びたい人にはこのようなケースの例も極希にはある。
 
普通はこのような速いスピードでの学習を要求していませんが、一番早く進歩が見られた例では、例えば、2,3週で、いくつかの難しい発音を確実に教えた後、ノルマとして多数の実用的会話の単文(ワンポイント実用会話、実用的動詞の文、教室用語会話、教室用語単語集など)を暗記させる課題を出し、この程度の量の暗記を、当初でこなせる人がいた例がある。
 この人の場合には、よく中国語学校の夜間部にあるパターンである、1週に3回45分×2時限=90分1回で3ヶ月間の授業(3回/週×4週間/月×3ヶ月間)で、全約36回のコースの平均的履修成果を、1週に1回90分の授業を9回で、既に、例えば、確実に正しく発音できる語彙として修得しているなどにおいて大きく越えている。履修時間数としては4分の1である。
 一人で授業を受ける場合、目標と学習方法を明確にできるので、それに邁進して学習ができ、驚異的に進歩するというこのような例もありえる。この場合の条件として、渡された教材=A4にかかれた全部で10頁程度の簡単な実用的中国語会話など上記の4種類のプリントを、4、5週間程度で暗記してしまうことが必須条件となる。
 この例の人は、毎日、10時、11時までと遅くまで残業がある仕事に従事しており、暗記をする時間は、平日はそう多く取れないが、会話文に基づくテープによって暗記をしている方法が、この人の場合の特徴である。
 ちなみに、教材に基づくテープが備わっていないプリント教材を暗記をさせた場合は、暗記することにとまどっていた。上記の教材は、一旦暗記した後も、毎回の授業で発表をさせるが、間違うことなく諳んじることが出来ている。
 9週の授業の内の後半3週では、当初の教材に関わることはなく、HSK基礎を自宅でピンインでのテープおこしをして、授業時に添削するという学習をしている。前述の教材を暗記した基礎の上で、既に、後半2,3週は授業で、一部中国語で説明し、会話をすることをスタートしている。






       ■中国留学説明会の案内(開講期日未定)

2013年 月 日(日)15時〜17時   場所:小金井 中国留学研究所教室
  (未定です。事前にメールでお申し込みお問い合わせ下さい)


講師:秦 佳朗
  ・中国留学研究所代表
  ・ 「中国留学ガイドブック」〔三修社刊〕著者
  ・元日本学生支援機構留学情報センター・留学カウンセラー


参加費:1,000円・予約要・誰でも参加可能
 (ただ、資料の部数準備の都合で、メールhatayoshiaki2003@yahoo.co.jpでご予約ください。)
 (また、説明会への要望、どういう事を知りたいなどの質問もメールで事前にお寄せ下さい。)


内容:
*個人での留学手続きの進め方
*中国留学に役立つネットの使い方紹介
*中国政府奨学金留学生について
*大学の選択方法
*中国留学の最近の傾向
*現地への送金方法
*荷物の準備・発送方法
*現地での生活について
*事前と現地での勉強方法について
*その他質疑応答(質問を書き込む用紙を準備して配布します)

主催:中国留学研究所

  • 交 通  東京・JR中央線・武蔵小金井駅(新宿から25分)
           北口下車徒歩5分



■中国留学研究所より中国語と中国留学の事前研修のために講師を派遣致します

 中国へ駐在、留学などで赴任される方がいらっしゃる法人、教育機関のご要望により、中国留研究所より中国語の入門コースと中国留学の事前準備の研修のために講師を派遣いたします。詳しい相談は、研究所へ。



■中国留学研究所により英語留学もアドバイスできます


 
近年、中国留学をしながら休暇中に英語圏に短期留学に行く人、中国留学後に英語圏へ留学する人も増えてきました。当研究所では、英語圏の中では、飛行機で8時間程度と、日本から一番近く、 時差も1時間のオーストラリア・ケアンズ市の各種留学のアドバイスを出来ます。
 ホームステイでの個人レッスン、英語学校、高校、専門学校、大学の紹介が出来ます。中国留学中に行く場合は、香港からは、7時間程度でいけます。治安は日本よりも良く、気候はトロピカルで非常に過ごしやすく、人々は親切で、英語留学に最適です。時差ボケがないのも嬉しいです。
 興味のある方は、ご相談をお待ちしています。




中国留学受け入れ大学の新リスト

  中国の留学受け入れ全大学の電話番号、FAX、ホームページ、E-mailアドレス、住所など、連絡に役立つ情報を全て網羅したリストを入手できました。
 必要な大学について、お問い合わせ下さい。

 資料の請求方法はこちら




中国留学ガイドブックの購入方法

  • 書店にて・・・紀伊国屋書店、三省堂、八重洲ブックセンターなどの有名書店等にて販売中です。
  • お近くの書店で見つからない時は・・・お手数ですが書店へ以下のとおりご注文下さい。

    出版社
    書籍名 
    著者名
    取寄せ番号 
    三修社
    中国留学ガイドブック
    秦 佳朗 (はた よしあき) 
    ISBN4-384-06348-2 C0026     
  • インターネットで・・・三修社ホームページではインターネットによる販売を行っております。

    電話で注文・・・先に本の郵送を受けた後に料金を振り込みます。
              (送料300円プラス)
              三修社電話番号:03−3842−1711
  • 中国留学研究所で・・・直接お買い求めになりたい方は研究所においで下さい。2割引でおわけします。
  • 図書館で・・・学校、地域などの図書館に購入希望を出してみるのも一つの方法です。


■「中国留学ガイドブック」 目 次

第1章 中国概況と中国の教育制度
 1 中国概況
 2 大学の制度と教育制度
第2章 中国留学とは
 1 中国留学について思うこと
 2 中国留学の特徴
 3 中国留学の問題点
 4 中国留学に行く側の問題点
 5 中国留学に行くに当たっての心構え
 6 中国語圏の留学
第3章 中国留学の制度
 1 留学制度の概略
 2 中国留学の種類
 3 受入れ条件、受験、中国語力などについて
 4 中国語能力認定試験のHSKについて
 5 中国語を教える教師の資格制度について
 6 留学に必要な中国語力と事前の勉強方法
 7 学費・宿泊費・生活費などの費用について
 8 中国留学斡旋業者について
 9 中国留学の関係団体
 10 中国留学関係日本国内連絡先
 11 留学関係中国国内連絡先
第4章 奨学金留学について
 1 団体名と問い合わせ連絡先
 2 奨学金名称と資格条件
 3 選考・人数・待遇・応募時期など
 4 中国政府奨学金留学生の制度
第5章 中国留学を自分で手続きする 
第6章 中国留学生活の準備
第7章 中国への渡航と到着
 第8章 到着後の入校手続き
第9章 留学生活と現地での勉強方法
  1 中国の大学の1年間のタイムスケジュール
  2 留学生の1日の生活サイクル  
   3 寮生活とアパート住まいについて
   4 授業について  5 個人レッスンなど現地での普段の学習法
   6 中国語能力認定試験・HSKの現地での受験について
   7 留学中のアルバイトについて  
   8 転校と留学期間の延長について
 第10章 中国の大学紹介  1 どのように中国の大学を選ぶか
  2 中国大陸の留学を選ぶか
 3 留学受入れ大学のある中国各都市の紹介
  4 「留学受入れ大学紹介」の読み方
 5 留学受入れ大学紹介
 6 中国留学受入れ大学リスト
第11章 中国生活の予備知識
第12章 中国留学の心得 第13章 留学に必須の実用的中国語
   中国留学研究所について
  アンケート/留学状況アンケート

   地図−中国全図(P.6)/北京市・上海市(見返し)

閲覧ありがとうございます

 このHPは、三修社で出版されています「中国留学ガイドブック」(以下“ガイドブック”と略称)をベースにして、それの改訂・増補を提供すると共に、ひろく中国留学希望者に中国留学の情報、中国留学の進め方などを簡明に解説するものです。
 以下、各種ページに記載した情報を有効に利用し、中国留学の制度、手続き法、奨学金などについて、事前に十分熟知してから手続きを始めるようにして下さい。それが結果として現地であなたの身を助けることになります。
 留学斡旋業者任せで留学すると、現地で初めて体験する手続きなどは、貴方を戸惑わせることになります。ぜひそうならないためにも、このHPと「ガイドブック」を参照したり、中国留学研究所のアドバイスを得たりして、自分で中国留学の申請をして行かれることをお勧めします。

このホームページと「中国留学ガイドブック」を作った目的

 これらの作成は、中国へ留学することにより、中国と日本の橋渡し役になっていただける方が増えて行けばと思っての作業です。そのためには、事前に行き先相手を知って行って欲しい、そうでないと現地で受けるカルチャーショック、異文化非適応により、相手の国の制度と習慣を誤解ばかりしてしまいます。日本の尺度で他の国を見ることはできないことを知って行って欲しいわけです。

 そうでないと、貴方の留学は、現地で決して良い成果を上げることはできないで終わってしまいます。海外の「先進国」であろうと「発展途上国」であろうと、どこの国に行くのであっても、その国を嫌いになって帰ってくる人は多いです。「ガイドブック」にも書きましたが、中国はまだ発展途上国です。それも国連統計では下の方の経済力の国です。その国の教育力に多くを望むことは酷です。
 敢えて簡単な例でいうならば、立ち食いそば屋さんに入って、フランス料理店並のサービスを求める人はいませんよね。自分でお冷やを取って飲みますよね。どこかで自分が人生の一大決心をして行く留学に、自分にとっては「フランス料理」であると思って行きたく思うことは良くあることです。できれば、皆さんが、この異文化非適応をできるだけ避けられるように、事前にその心の準備を、また、具体的準備をできるお手伝いを、ボランティアでできるものならと思ってやっていることです。それが、ホームページ設置と本を作成した目的です。また、留学相談を受けている目的でもあります。その結果、皆さんが、できる限りの成果を現地中国であげ、次代の中国と日本の良好な関係を生み出し得る人となっていただければと思っています。

 また、中国留学研究所は、皆さんが中国留学をする前に中国語を学ぶ方法として、中国人留学生に廉価で個人レッスンを受けるシステムをボランティア活動で作っていこうとしています。レッスンの教室は研究所内に限らせていただきます。中国語学校に通うに難しい方、中国語を学ぼうと希望している方、連絡下さい。その際、貴方のだいたいの所在地を教えてください。研究所は、JR中央線の武蔵小金井駅から徒歩5分の所にありますので、付近の方、交通のアクセスが比較的良い方は、研究所に来ての個人レッスンを受けることができます。また、留学の相談、留学準備講座を受けることもできます。興味のある方は、一度連絡をしてみて下さい。

 では、皆さんの中国留学の成功、或いは、中国語マスターの成功をお祈りします。


中国留学 交流 中国留学研究所 中国留学
ガイドブック
HATA
中国留学を自分
で手続きする
留学レポート 留学相談 改訂・増補 hataコラム
日中専欄
留学の相談窓口 CHINA
メーリングリスト
ニュー
中国留学ガイドブック
読者の皆さんへ 留学時代
はた@中国
奨学金留学 中国の大学紹介 自我介紹
留学Q&A リンク
主要大学一覧
画面上へ↑

ALL RIGHT RESERVED, (C)1990-2002
秦 佳朗 中国留学研究所
This site is best viewed with IE or Netscape Communicator 4.xx (and 32,000 colors)