『旧唐書』倭国・日本国伝

 

 

 倭國者、古倭奴國也。去京師一萬四千里、在新羅東南大海中、依山島而居。東西五月行、南北三月行。世與中國通。其國、居無城郭、以木為柵、以草為屋。四面小島五十餘國、皆附屬焉。其王姓阿毎氏、置一大率、檢察諸國、皆畏附之。設官有十二等。

 

 倭国とは、古の倭奴国なり。京師から一万四千里、新羅の東南の大海中に在り、山島に依って暮らす。東西に五カ月の行程、南北に三カ月の行程。代々中国と通じている。

 その国、居住地に城郭がなく、木を以て柵とし、草を以て屋根とする。四面の小島、五十余国、皆、これに附属している。その王姓は阿毎氏、一大率を置き、諸国を検察させ、皆はこれを畏怖している。官には十二等級を設けている。

 

 其訴訟者、匍匐而前。地多女少男。頗有文字、俗敬佛法。並皆跣足、以幅布蔽其前後。貴人戴錦帽、百姓皆椎髻、無冠帶。婦人衣純色裙、長腰襦、束髮於後、佩銀花、長八寸、左右各數枝、以明貴賤等級。衣服之制、頗類新羅。

 

 そこの訴訟をする者は、這って前に進み出る。その地には女が多く男が少ない。甚だ文字を知り、俗人は佛法を敬う。併せて皆が裸足で、幅広の布でその前後を隠す。貴人は錦の帽子を載せ、百姓は皆が椎髻(?)、冠も帯もない。婦人の衣は鮮やかな色の裙(スカート)、長い腰襦袢、髮を後に束ね、銀製の花を佩びる、長さ八寸、左右に各々数枝、以て貴賎、等級を明らかにする。衣服の制はとても新羅に類似している。

 

 貞觀五年、遣使獻方物。太宗矜其道遠、敕所司無令歳貢、又遣新州刺史高表仁持節往撫之。表仁無綏遠之才、與王子爭禮、不宣朝命而還。至二十二年、又附新羅奉表、以通起居。

 貞観五年(631年)、遣使が方物を献じた。太宗は、その道中の遠きを不憫に思い、勅旨で所司に歳貢を無用とさせ、また新州刺史の高表仁を遣わして、節を持して行かせこれを慰撫させた。表仁は慎みと遠慮の才覚がなく、王子と礼を争い、朝命を宣しないで還った。

 貞観二十二年(648年)、また新羅に付いて表を奉し、以て日常の音信を通じた。

 

 日本國者、倭國之別種也。以其國在日邊、故以日本為名。或曰:倭國自惡其名不雅、改為日本。或云:日本舊小國、併倭國之地。其人入朝者、多自矜大、不以實對、故中國疑焉。又云:其國界東西南北各數千里、西界、南界咸至大海、東界、北界有大山為限、山外即毛人之國。

 

 日本国は、倭国の別種なり。その国は日の出の場所に在るを以て、故に日本と名づけた。あるいは曰く、倭国は自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本と為した。あるいは日本は昔、小国だったが倭国の地を併せたという。そこの人が入朝したが、多くは自惚れが大にして不実な対応だったので、中国はこれを疑う。また、その国の界は東西南北に各数千里、西界と南界いずれも大海に至り、東界と北界は大山があり、限界となし、山の外は、すなわち毛人の国だという。

 

 長安三年、其大臣朝臣真人來貢方物、朝臣真人者、猶中國戸部尚書、冠進コ冠、其頂為花、分而四散、身服紫袍、以帛為腰帶。真人好讀經史、解屬文、容止温雅。則天宴之於麟コ殿、授司膳卿、放還本國。

 

 長安三年(703年)、そこの大臣の朝臣真人が方物を貢献に来た。朝臣真人は、中国の戸部尚書のようで、冠は進コ冠、その頂は花となし、分けて四方に散らす。身は紫の袍を服とし、白絹を以て腰帯としていた。真人は好く経史を読み、文章を解し、容姿は穏やかで優美だった。則天武后は、これを麟コ殿に於ける宴で司膳卿を授けて帰国させた。

 

 開元初、又遣使來朝、因請儒士授經。詔四門助教趙玄默就鴻臚寺教之、乃遺玄默闊幅布以為束修之禮、題云「白龜元年調布」。人亦疑其偽。所得錫賚、盡市文籍、泛海而還。其偏使朝臣仲滿、慕中國之風、因留不去、改姓名為朝衡、仕歴左補闕、儀王友。衡留京師五十年、好書籍、放歸郷、逗留不去。

 

 開元初(713年)、また遣使が来朝し、儒士に授経を請うた。詔を以て四門学の助教の趙玄默が鴻臚寺に就いて、これを教授した。玄默に修学の謝礼として大きな幅布を贈り、題して「白亀元年の調布」という。人はまたその真偽を疑った。所得錫賚、盡市文籍、泛海而還。その偏使の朝臣仲満(阿倍仲麻呂)、中国の風を慕い、因って留まって去らず、姓名を朝衡と改め、左補闕、儀王友を歴任。朝衡は京師に留まること五十年、書籍を好くし、帰郷させたが、逗留して去らなかった。

 

 天寶十二年、又遣使貢。上元中、擢衡為左散騎常侍、鎮南都護。

 貞元二十年、遣使來朝、留學生橘逸勢、學問僧空海。

 元和元年、日本國使判官高階真人上言:「前件學生、藝業稍成、願歸本國、便請與臣同歸。」從之。開成四年、又遣使朝貢。

 

 天宝十二年(753年)、また遣使が貢献。

 上元中(760761年)、朝衡を抜擢して左散騎常侍、鎮南(安南)都護とした。

 貞元二十年(804年)、遣使が来朝、留学生には橘逸勢、学問僧には空海。

 元和元年(806年)、日本国使の判官「高階」真人が上奏「前件の学生、芸業がやや成り、願わくは本国に帰らせ、すなわち臣と同じに帰ることを請う」。これに従った。

 開成四年(839年)、また遣使が朝貢した。

 

                                    目次に戻る