天地開闢神話

 

 漢語の史籍に神話という用語はない。十九世紀末、日本人学者が英語の「a myth」を神話と翻訳したもので、古代中国では神の神秘の教えを説いた経典を神書、老荘の説いた道(宇宙の原理)を示した教えを「神道」と称したが、「神話」という表現はない。

 漢語では神は「神、精神、神経、顔色、注意力、非凡、利口」を意味し、神話には荒唐無稽な話、神道には奇怪な言動という側面がある。従って、表題は神話ではなく、「伝承」としたほうが適切かもしれないが、現在では日本語の「神話」が中国にも導入されて、一般的に使用されているので表題とした。

 

『盤古神話』(中国)

 盤古神話は倭国や古朝鮮の「天地開闢神話」の原典だが、「三五暦記」「五運歴年記」「述異記」などに記述があったようだが、早くから散逸しており、現在では「芸文類聚」「太平御覧」などの逸文から断片的に物語を観るしかない。

 

「三五暦記」

 天地渾沌如雞子、盤古生其中。萬八千、天地開辟、陽清為天、陰濁為地、盤古在其中、一日九變。神於天、聖於地。天日高一丈、地日厚一丈、盤古日長一丈。如此萬八千、天數極高、地數極深、盤古極長。后乃有三皇。數起于一、立于三、成于五、盛于七、處于九、故天去地九萬里。

 天地は鶏子(卵殻の中身)のように渾沌としていた、そのなかで盤古は誕生した。一万八千年を経て、天地が開けると、陽(あきら)かで清らかな部分は天となり、暗く濁れた部分は地となり、盤古はその中間に在って、一日に九回変化した。天では神、地では聖となる。天は日に一丈高くなり、地は日に一丈厚くなり、盤古は日に一丈背が伸びた。このようにして一万八千年を経て、天は限りなく高く、地は限りなく深くなり、盤古は伸長を極めた。

 後に及んで三皇が出る。一にして数え始め、三にして立ち、五にして成り、七にして盛んとなり、九にして場所が定まる。それ故に、天と地は九万里(4万5千km)離れた。

 

「五運歴年記」

 首生盤古、垂死化身:氣成風雲、聲為雷霆、左眼為日、右眼為月、四肢五體為四極五岳、血液為江河、筋脈為地里、肌肉為田土、髮髭為星辰、皮毛化為草木、齒骨為金石、精髓為珠玉、汗流為雨澤。身之諸蟲、因風所感、化為黎氓(民)。

 初めに盤古が生まれ、死が近づくと、吐いた息は風雲、声は雷鳴、左目は太陽、右目は月、手足と胴体は四方の極地や五岳、血は河川、筋と血管は道、皮膚は農地、髮髭は星辰、産毛は草木、歯と骨は金属、精髓は珠玉、汗と涙は雨や露に化身した。身中の寄生虫は風によって各地に広まり、多くの民と化した。

 

「述異記」

 (前省略)支撐著天和地、使它們不再回復為過去的混沌状態。盤古開天闢地後、天地間只有他一個人。天地隨著他的情緒而變化。他高興時、萬里無雲;他發怒時、天氣陰沈;他哭泣時、天就下雨、落到地上匯成江河湖海;他嘆氣時、大地上刮起狂風;他瞬瞬眼睛、天空出現閃電;他發出鼾聲、空中響起隆隆的雷鳴聲。

 (九万里離れた)天と地を盤古は支え続け、再び過去の渾沌(天地未分化の状態)に戻らないようにした。盤古が天地を開いて後、天と地の間に彼一人しかいなかった。天地は彼の情緒に応じて変化した。盤古が歓喜すれば万里に雲なく、怒りを発すれば天は薄暗くなり、泣けば天から雨が降り、地上で河川、湖沼、海洋となり、嘆けば大地は暴風が巻き起こり、目をまばたけば天空に雷光が現れ、鼾をかけば空中に雷鳴が轟いた。

 

 盤古神話に言う「天地渾沌」とは陰陽未分化の宇宙をいい、「陰陽説」そのものである。

 一般には「陰陽五行説」と呼ばれるが、「五行説」は「陰陽説」から派生した理論であり、この盤古神話には、五行説の影響がみられない。

 祭祀権と統治権が不可分だった古代の統治者には、易の基本原理である陰陽五行説は習得すべき必須の神秘科学であり、陰陽説は西周時代に、五行説は春秋時代に広まったと考えられる。従って、盤古神話の誕生は五行説が発展する春秋時代以前に誕生したと思われる。

 

 盤古氏頭為東岳、腹為中岳、左臂為南岳、右臂為北岳、足為西岳。

 盤古氏の頭は東岳、腹は中岳、左臂は南岳、右臂は北岳、足は西岳となった。

 これは秦漢時代の俗説だが、五岳信仰に結び付けて語られており、すでに盤古神話が方士の間で流伝していたことが窺われる。

 

「道教神話」

 天地陰陽の気を受けて生まれた盤古真人は、自ら元始天王と称して、混沌のなかに浮遊していた。やがて天地が分かれ、地の岩から水が流れ出た。原虫が発生し、やがて龍が生まれた。その後、流水のなかから人間の姿をした太元玉女が生まれた。彼女は太元聖母と名乗り、元始天王と気を通じて天皇を生んだ。次には扶桑大帝と東王公、さらに西王母を生んだ。そして、天皇は地皇を生み、地皇は人皇を生んだ。(骨子のみ掲載)

 

 この道教神話は古代伝承の盤古ではなく、葛洪(抱朴子)が「枕中書」に盤古帝王を道教の神として記述したことから、やがて「盤古帝王賜福真経」へと発展したもので、経文には延々と盤古帝王の記述があるが、長文なので骨子のみ掲載した。

 戦国時代、荘子は道を得た(悟に達した)人物を「真人(聖人・真君)」と呼んだ。

 また、神仙思想では仙人に「真人」の尊号を用いたが、この老荘(老子と荘子)の道家思想と神仙信仰が混合して広く民衆の間に信奉されていた。

 五個十六国時代、道教諸派の上清派が道を神格化した「元始天尊」を太上老君(伝説上の老子)の上位に置いて道教の最高神とした。従って、これは元始天王の信仰を元始天尊の形象に併呑した四世紀以降の創作である。

 

「盤古と盤瓠」

 盤古(ばんこ)と盤瓠(ばんこ)は、ともに西南少数民族の神話の主人公だが、この神話が長江流域の漢族に広がり、やがて漢族の開闢神話として全土に浸透したものと考えられている。ただし、そうではないとする異説もある。

 

http://www.mysky.idv.hm/read/hwk/hwk02.htm

 漢族的盤古神話與西南少數民族的盤瓠神話有類似之處、他們都是造物主、是人類的始祖。但盤古開天的神話、惟漢族記載最為全面。是西南少數民族接受了漢族的盤古神話、還是漢族接受了西南少數民族的盤瓠神話呢?我認為都不是、這兩個神話的源頭是同一個、描述的是同一個我們將要提到的事件。後來、聚集在一起的人、開始遷徙、文化發生了歧變、神話也發生了變異。於是、苗族地區有了盤瓠的神話、而漢民族則保留了盤古的神話。

 漢族の盤古神話は西南少数民族の盤瓠神話に類似する。盤古も盤瓠も造物主であり、人類の始祖とされる。西南少数民族が漢族の盤古神話を接取した、あるいは漢族が西南少数民族の盤瓠神話を接取したのか? 私はいずれも違うと認識している。二つの神話の源流は同一で、描写も同一の事柄だが、それが人の移動や文化の岐路で変化して、苗族地区には盤瓠の神話、漢民族には盤古の神話が保留されたのである。

 

 有人、盤瓠神話載於東漢的《風俗通義》、而盤古神話載於三國的《五運年記》、因此、盤瓠神話比盤古神話古老、所以、盤古肯定是從盤瓢那裡演變過來的、這個法也不對。大家知道、中國沒有系統記神話的文獻、現在的神話零零散散、見於各類書中、根本無法區分年代、怎麼能用先被記或後被記來判定哪一個神話更早呢?這是一個常識問題。

 ある人が言う「盤瓠神話は東漢(前漢時代)の『風俗通義』に記載、盤古神話は三国時代の『五運年記』に記載されていから、盤瓠神話は盤古神話より古代の創作で、盤古は盤瓢の話が変化したものである」 これは間違っている。皆が知っているが、中国には系統的な記録文献はなく、現在の神話も各種文献に分散しており、根本的に年代区分の方法はなく、どうして先に記録されたものか、後に記録されたものかを判定できるのか。(要訳のみ)

 

 これは、ある米国の歴史学者が「世界的文化発祥国のなかで、唯一中国だけが自国の開闢神話を持たない」との論文を発表したのに対し、「本来、盤古は漢族の神話であり、盤瓢は少数民族の神話である」との反論の一節である。古代の漢族の人々が盤古も少数民族の神話だと混同したのだとの説は説得力に欠ける気がする。

 盤古神話は卵から盤古が誕生する典型的な「卵生型神話」であり、卵生型神話は南方系の民族神話の特徴とされる。中国大陸で卵生型神話を有する民族は、古代の長江流域の氏族や西南地方の民族である。では、どの民族の神話なのだろう。

 

『古代苗族』

 盤古神話の起源は古代苗族(ミャオ族)の天地開闢神話と考えられている。

 古代苗族とは、とのような民族なのだろう。

 

 三苗(サンミャオ)

 夏の時代、湖北省や湖南省を領域とした三苗という民族がいた。これが古代苗族である。

『史記』五帝本紀「三苗C在江淮、荊州數為亂」

 注C集解馬融曰:「國名也。」正義左傳雲自古諸侯不用王命、虞有三苗、夏有觀扈。

 孔安國云:「縉雲氏之後為諸侯、號饕餮也。」呉起云:「三苗之國、左洞庭而右彭蠡。」

 案:洞庭、湖名、在岳州巴陵西南一里、南與青草湖連。彭蠡、湖名、在江州潯陽縣東南五十二里。以天子在北、故洞庭在西為左、彭蠡在東為右。今江州、鄂州、岳州、三苗之地也。

 三苗Cは江淮、荊州に在り、何度か乱を起した。

 注C;馬融は「国名なり」と言う。正義左傳に古より諸侯は王命を聴かず、虞に三苗あり、夏に觀扈あり。孔安國が言うには「縉雲氏の後裔を諸侯となす。饕餮(貪欲で貪る)と号する」。呉起が言うには「三苗の国、左に洞庭湖、右に彭蠡」。案ずるに「洞庭は湖名(湖南省)、岳州巴陵の西南一里に在り、南に青草湖が連なる。彭蠡は湖名(江西省鄱陽湖)、江州潯陽県の東南五十二里に在る。天子は北に在る故に、西に在る洞庭湖を左とし、東に在る彭蠡を右とする。今、江州、鄂州、岳州、三苗の地である」

 

 中国は黄河文明だけではなく、長江流域にも次のような古代文明が存在した。

 河姆渡文化(紀元前5000年−前3300年)

「浙江省遼紹平原の東部、越海東の舟山群島に至る古代文明。代表的な遺跡には浙江省余姚の河姆渡遺跡がある」

 大渓文化(紀元前4400年−前3300年)

「東は湖北省江陵公安、南は湖南省裏(シ+豊)水流域や洞庭湖北岸、北は漢水中流域に分布した古代文明。代表的な遺跡には四川省巫山の大渓遺跡がある」

 屈家嶺文化(紀元前3500年−前2600年)

「湖北省江漢平原から湖南省南陽盆地にかけて発展した古代文明。代表的遺跡には湖北省京山の屈家嶺遺跡がある」

 

 上記の大渓文化と屈家嶺文化は、まさに三苗が領域としたエリアである。

 ここから三苗は紀元前44世紀の大渓文化の時代から夏(前21世紀−前16世紀)まで、長江中流域の文化の担い手だった古族だと想像できる。

 また、三苗は、三皇五帝の炎帝の末裔とされるが、同じく三皇五帝の帝舜(しゅん)との戦争で敗れ、故地から「三危」に追い払われた民族である。その後、故地の周辺に復帰するが、商や周の時代には「南蛮」と通称された。さらに数百年かけて民族の復興を図り、華夏族(漢族)に融合する部族も多かったが、遂に故地で「楚」を建国し、戦国時代の「七雄」の一国に数えられるまでに発展した。

 楚は戦国末期に滅亡し、大部分は漢族に吸収されたが、その他の部族は

 

 廣西民族研究所長、廣西壮学の学会長の覃乃昌教授は新聞紙上で次のように述べている。

『新華網廣西頻道』20031217日版

「就是珠江流域這些原住民族、壯族及其同源民族的遠古神話」

これは珠江流域の原住民族であるチワン族及び、その同源民族の太古の神話である

 

 珠江は雲南省に端を発し、貴州省から広西壮族自治区を抜けて、香港の対岸にある広東省珠海市から南シナ海に注ぐ大河(広西壮族自治区では「紅水河」、広東省では「西江」と名を変える)である。この記事に関連して、盤古とは人名ではなく、兄妹を指す単語であり、語源は「磨刀石と葫蘆」だとする、次のような記事が掲載されている。

 

『新華網』(20031211日)

 專家們認為、在壯族地區的盤古廟裏、所敬的盤古神有的是男神、有的是兄妹兩個神。這是記念盤古兄妹創造世界的神話。來賓市地處廣西中部、紅水河貫穿其中、是珠江流域的腹心地帶、屬壯族主要聚居區之一。這裡的壯族民間自古流傳著“盤古兄妹”繁衍人類的故事。興賓區良塘甘東村何師武老人敘述了這一故事:遠古時、水淹天下、人死幾盡、只有在葫蘆裏漂浮的兩兄妹得以倖存、他倆結婚後生出像磨刀石一樣的肉團、砍碎撒向四野、變成了千千萬萬的人群、從此人類又繁衍起來。壯語稱這兩兄妹為‘盤勾’、盤即磨刀石、勾即葫蘆、覃乃昌教授對記者、‘磨刀石、葫蘆’、是壯語對‘盤古’一詞最原始意義的解釋。

 壯族(チワン族)地区の盤古廟に、男神の盤古神と兄妹の二神が祭られていることは専門家たちも認めている。また、盤古兄妹の世界創造を記録した神話もある。来賓市の廣西中部は紅水河が貫通する珠江流域の中央地帯で、壯族の主要な群居地区の一つである。ここには壯族に古代から伝承された盤古兄妹の人類発祥故事がある。(中略)

 葫蘆(ひょうたん)の内部にいて兄妹は幸いにも洪水から生き残った。彼らが結婚した後に磨刀石のような肉槐を生んだ。それを砕いて四方に撒いたところ、無数の人々に変成したことから、人類の繁殖が始まった。壯語では兄妹を「盤勾」と言う。「盤」とは磨刀石、「勾」とは葫蘆のことで、覃乃昌教授が記者に説いた「磨刀石、葫蘆」とは、壯語における「盤古」に対する最古の意義の解釈である。

 

 壯族(チワン族)

 主に広西壯族自治区、雲南省の文山壯族・苗族自治州に居住し、一部は広東省、湖南省、貴州省、四川省などに散在している。言語は「漢・チベット語系、チワン・トン語族、壯族・タイ語分支」に属するチワン語を使用している。(人口1549万人)

 中国古代「越」民族が南下して土着したもので、春秋戦国の頃は「百越」と称された。

 

 瑤族(ヤオ族)

 ヤオ族は「漢・チベット語系、ミャオ(苗)ヤオ(瑤)語族、苗語派」を母語とする民族で、古代苗族の末裔と考えられている。方言が強烈でヤオ族同士でも言葉が通じないので、日常会話は壯族のチワン語を用いていることから、古代苗族と古代羌族(チベット系)が融合したものと推察される。(人口213万人)

 現在も広西壮族自治区の紅水河の沿岸地方には、各所に『盤古王廟』が建っており、毎年五月二十日に盛大な盤古の「誕生祭」が行なわれ、同地域の少数民族の瑤族(ヤオ族)は、盤古を瑤族の祖先として崇拝を続けている。

 

 シェ族

 主に福建、浙江二省の境界地帯に96%が居住し、その他は広東および広西自治区の境界地帯に暮らす少数民族(人口63万人)。シェ語は「漢・チベット語系、ミャオ(苗)・ヤオ(瑤)語族」に属しており、いわゆる「百苗」の一部族である。

 シェ族では毎年旧暦1月8日はトーテム祭の日とされ、祠(ほこら)に提灯がかけられ、色彩豊かな飾りがつけられ、真中両側の壁には『三皇五帝』の神々、『盤瓠出世』、『盤瓠平番』、『盤瓠墓基』という道教の神の天地開闢の物語を描いた図がかかっている。

 盤瓠神話については高辛氏帝嚳の項目を参照されたい。

 

 漢族の神話か古代苗数の神話かは別として、盤古神話が「三皇五帝」伝承や日本と朝鮮の天地開闢神話に強い影響を与えたことは事実である。盤古神話の誕生時期については定説がないが、三国時代に呉の徐整が南方少数民族の神話を元に編纂した「三五暦記」と南北朝時代の南朝梁の任方が著した「述異記」(上)に記載された故事を、「水経注」の著者である北魏の地理学者の麗道元が華北地方に伝えたことで全土に広がったと考えられている。

 

『朝鮮の開闢神話』

 遠い昔、天と地は互いに混じり合っていたが、やがて天と地が離れると、天からは青い露が降り、地からは黒い霧が湧き出し、その露と霧が合水して万物が生じた。巨大な天皇鶏が頭をもたげ、地皇鶏が翼を広げ、人皇鶏が尾を振って、朝を告げるような鳴き声をあげると、闇は払われ、天地開闢となった。

 

 この神話では、鶏子(とりこ)が登場せず、三皇の名を冠した鶏が登場する。従って、南方系の卵生神話ではないが、この開闢神話は、その類似性から考えて、中国から朝鮮半島に道教が伝わってからの創作だと考えられる。

 また、三皇の名を冠した鶏が登場することから、鳥をトーテムとする高句麗の影響ではないかと推察する。おそらく南北朝時代に、南朝と通交していた高句麗の朝貢使が宋から持ち帰ったのだろう。

 

『日本の開闢神話』

「日本書紀」冒頭部

 昔、いまだ天地わかたれず、陰陽わかれざるとき、渾沌たること鶏子(とりこ)のごとく、その清く陽(あきらか)なるものは天となり、重く濁れるものは地となる。天が先ず成りて、後に地が定まる。然して後、神聖その中に生(あ)れます。

 

「古事記」上巻序

 混元(渾沌とした宇宙の元素)すでに凝固し、気象(宇宙の根源の気と作用の現象)いまだに効(あらは)れず。名もなく、為(わざ)もなし。誰かその形を知らむ。しかれども、乾坤(けんこん=天地)初めて分かれて、参神(宇宙に最初に出現した三神)造化(創造)の始めとなり、陰陽ここに開けて二霊(いざなぎ・いざなみ)群品(万物)の祖(おや)となりき。

 

 天地の初め

 天地初めてひらけしとき、高天原(たかあまはら)に成りし神の名は、天之御中主神、次に高御産巣日神、次に神産巣日神。この三柱の神は、みな独神(ひとりがみ=陰陽がない神)と成りまして、身を隠したまいし。次に国稚(わか)く浮ける脂(あぶら)のごとくして、海月(くらげ)なす漂える時に成りし二柱の神も、みな独神と成りまして身を隠したまひし。五柱の神は別天神(ことあまつかみ)。

 

 伊邪那岐命と伊邪那美命

 伊邪名美神(いざなみのかみ)は火の神を生みしによりて、ついに神避(さ)りましき。

(中略) 左の御目を洗いたまう時に成りし神の名は、天照大御神(太陽)。次に右の御目を洗いたまう時に成りし神の名は、月読命(月)。次に御鼻(みはな)を洗いたまう時に成りし神の名は、建速須佐之男命(海)。

 

 記紀神話は盤古を源流とするが、日本書紀は「三五暦記」の盤古を書写したものだろう。

 盤古神話は鶏子に表れているように南方系民族の卵生型神話だが、記紀神話には卵生型神話の表現がない。正史に神話を掲載するという体裁上から盤古をベースに編集しただけであり、民間伝承ではないことから、南北の特徴的な記述がないのだろう。

 ちなみに鶏子という表現は盤古神話のものだが、苗族古歌「開天辟地」では鶏子ではなく、孵蛋(蚕のさなぎ)となっている。筆者には相異の原因は不明。

 また、盤古が兄妹だとすれば、三皇五帝の女媧(じょか)の「国生み神話」も、この盤古を起源とするのかもしれない。

 

                              目次に戻る