あいさつ   松岡三五郎は昭和18年8月に、多摩の八王子で生まれました。
        還暦間近いの58歳(平成14年)の時から、生きた証として、
        いままでの生活や出来事を文章に綴ってきました。
         途中に、肝ドナーになったり、鹿児島の叔父の逝去に伴い、
        鹿児島暮らしも始まり、文章が滞りましたが、180文近くになりました。

         人の出会いを喜び、故郷を慕い、日本をこよなく愛する人達に、
        読んでいただきたいと思います。

         目次を見て、興味のあるものから、拾い読みしてください。

     



   

   多摩の横山


     万葉の世から詠われた
   ふるさと八王子への想い








 








   都の場末



     根無し草の東京暮らし








 










   三五郎の足跡




    単なるじじぃの
   訳のわからない足跡
















   旅の空
   
    
    風来坊の三五郎





















    自然とともに


     大自然の中で 
   動植物とともに






















    余吾貧吾の館



    還暦をすぎてから暮らす
  鹿児島のよんごひんごの
  ボロ家












     道 楽     (1)



    暮らし 茶の湯 シネマ
   
 

















     
     道 楽 (2)



    寄席 はやり歌 読書 絵画





               











              
    ふだん記



      八王子で生まれ
    全国に広まった
    文章記録運動


















                      リンクのページ





                      ご意見やご感想をメールしてください

                      E−mail sangorow@jcom.home.ne.jp



                                                                      更新日:2014.08.09