HOME プロフィール 釣りって・・ 最近の更新 ダイアリー 寄稿 マイルーム 掲示板 リンク


釣行記 2007年10月13日 土曜日
千葉県 保田
初めてのエギング(アオリ)



東海のマッキーさんからいただいた釣行記に刺激され、
以前からやってみたかったエギングに挑戦しました。
時間的な制約があり、暗くなってからの現地入りを強いられるため、
行き親しんでいる保田に場所を決めました。

予報での天候は曇り。
風は北東3メートル前後だったので、港外でのエギングができそうだと判断しました。
潮は中潮で、17時から0時まで下げという状況です。

「寒いかな?」

と思いいろいろ重ね着できるよう衣類を持参しましたが、
半袖Tシャツにフライトジャケットを羽織る程度で十分でした。

現地到着は19時ごろで、辺りはもちろん真っ暗です。
期待通りに穏やかで港外でも波・うねりはほとんどありませんでした。

「アオリ狙いで混んでいるかな?」

と思いきや、電気ウキがポツポツ見える程度。
喜んでいいのか・・望み薄なのか・・微妙です。
早速意気込んで買ってきたエギ(3号 ピンク スローシンキングタイプ)を
9フィートのシーバスロッドにセットし、実釣を開始しました。
テトラの上からのキャスティングになるため、やや不安定でへっぴり腰です。


ちょっと買いすぎか・・(1個1,155円)

実釣開始と言っても、なんせ初めてのエギングなので、
どんな風にやったらいいのかよくわかりません。
本で読んだことを実行するしかありません。
とにかく「着底させる⇒跳ね上げる⇒フォールさせる」をいい加減に繰り返していました。
時折足下の見えるところで、アクションをチェックするなどしましたが、
半信半疑のキャストが続きます。
流石にエギの動きはイメージできるようになってきましたが、アタリがありません。

結局下げ止まりを過ぎるまでキャストし続け、エギを1個を失い、
アオリの姿は拝めませんでした。
完敗宣言です。

しかし、膨大なコストを投じての保田釣行です。
何も持って帰らないというわけにはいきません。
こんなこともあろうかと、アオイソメやエサ釣りの仕掛はもちろん用意してきました。
狙うはメバルです。

昨年は12月からここへメバル釣りに通い始め、いつも満足のいく結果が得られていましたので、
保険としては最適かと・・。
ただし、10月にやったことがないので、不安はありました。

港内に場所を移し、1.3メートルの管釣用トラウトロッドに胴付仕掛というセッティングで
落とし込むと・・
いきなりブルブルっと来ました。
が、持って行きいません。
誘うとまたブルブル・・ブルブル・・今度は付いているようですが、かなり小さな魚です。

それでもアオリ撃沈直後ということもあり、魚信を楽しみながら巻き上げると、
案の定10センチ程度のメバルでした。
こんな調子で数匹上がってきましたが、すべてリリースです。

時間は無駄に過ぎ「土産無し」の予感が漂うころ

「そうだ、小さいメバルは唐揚げにすればいいじゃん」

ということで、一転キープ開始です。

ところがこのころからややサイズの大きいものが混じるようになり、
後半には20センチ級を頭に、シーズン中でも喜んでしまうサイズを数匹キープすることができました。

「もしかして潮回りの影響か・・だったらもう少し粘るか・・それとも外へ戻ってエギングを再開するか・・」

いろいろな想いが交錯しますが、午前3時を前にして

「午前中に用事があるじゃないか・・」

と自分に言い聞かせ、後ろ髪を引かれながら撤収となりました。


後半には良型が混じった

ダイアリー TOPへ ダイアリー 2007 TOPへ




HOME プロフィール 釣りって・・ 最近の更新 ダイアリー 寄稿 マイルーム 掲示板 リンク