<東京都国分寺市>
国分寺おもちゃ病院
のご案内

無料カウンター

「国分寺おもちゃ病院」は随時受付しています


 物があふれ、使い捨て時代と言われる昨今ですが、子ども達の宝物であるおもちゃを、こわれたからすぐに捨てるのではなく、治療することによって再度よみがえらせ、一層愛着を感じて遊んでもらうと共に、このことを通じて物を大切にする心が少しでも育ってくれればと願いおもちゃ病院を開院いたしました。壊れたり、故障したおもちゃがあったら捨ててしまわずに是非一度病院へお持ちください。
 もちろん、すぐに直らず入院が必要だったり、おもちゃの壊れ具合によっては治療ができない場合もあります。その時はあしからずご了承下さい。

現在、「国分寺おもちゃ病院」は次の二ケ所で治療を受け付けています。

[1]「国分寺おもちゃ病院」(JR「国立駅」北口徒歩20分/最寄りバス停より3分)

(国分寺市新町3-22-23 TEL042-304-3624)院長在宅時はいつでも治療を受け付けています。自宅で開院しておりますので土曜、日曜、夜間を問いません。ただし、突然来院されても留守では申し訳ないので必ず事前にお電話ください。(地図はこのページ下を御覧ください)

[2]「国分寺市プレイステーション」(JR「国分寺駅」南口徒歩15分)

(クリックしていただくとホームページに入り、活動内容や利用時間等が御覧いただけます。) 

(国分寺市西元町3-26-35  TEL042-323-8550)開院はしていませんがいつでも受付をしております。「プレイステーション」が開いている時はいつでも受け付けていますのでお持ちください。 詳細はプレイステーションのホームページを御覧ください(地図はこのページ下を御覧ください)

(※受付場所二ケ所の地図は下にあります。)


障がい児のための「スイッチ製作/おもちゃの改良」の御相談に応じます

 障がいのある子どもたちは使えるおもちゃ類も制約されることが多いのですが、お子さんにあったスイッチを用意し、市販のおもちゃに外部スイッチをつけるなどのちょっとした工夫で同じように使えることも多いのです。

 「うちの子は障がいがあるので市販のおもちゃでは遊べない」と思っている方、「特別支援学校でスイッチ教材を使いたいが技術的に難しくて」等とためらっておられる方、諦めずに御相談ください。いつでも御相談に応じます。メールをして下さい。

スイッチの御紹介

当院で製作したスイッチを御希望の方に提供します。力のいらない触れるだけのスイッチです。御希望があれば御一報ください。

「丸」スイッチはしっかりした作りですが厚みがあります(22ミリ)。「角」スイッチは薄いので(5ミリ)マジックテープなどで指に付けることができます。

提供価格は「丸」スイッチが4000円、「角」スイッチが3000円(送料はそれぞれ別途500円)です。なお1個づつ手作りしていますので多少の時間をいただくことがあります。また、納入部品の価格の変動により価格が変更されることがありますのでご了承ください。

<タッチスイッチ「丸」(まる)>         <タッチスイッチ「角」(かく)> 

(※なお、使われた方からいくつか動かないおもちゃがあるとの指摘がありました。静電容量式のスイッチは感度は良いのですが、その分環境の影響を受けやすかったり、ICを使ったおもちゃ等では期待通りの動きが見られないことがあるようです。その点を御了解の上で御使用ください。)

「障がいのある子どものための手作り教材・教具」のホームページも御参照ください。(このページの下からリンクできるようになっています。)


「国分寺おもちゃ病院」は入院随時オーケーです

 院長在宅時はいつでも受付しております。ただし、長時間お待ちいただくスペースがありませんので、治療に時間がかかりそうな場合は原則入院とさせていただきます。 (車の方、短時間なら病院前に駐車可)  また、せっかくお出でいただいても留守では申し訳ないので、直接来院される場合は、必ず事前にお電話ください。                                              


「国分寺おもちゃ病院」は配送でも受け付けます 

 もしもこのページを見たけれど「遠くていけない」とか、「近くにおもちゃ病院がない」という方がおられましたらおもちゃ病院宛に治療の必要なおもちゃを送って頂いても結構です。治療が終わり次第、送料は着払いでお届けいたします。送られる際は「正常に動作していた時の状態と現在の症状」をメモして同封して下さい。 なお、その際は事前に必ず病院宛にメールかお電話をお願いします。(sumikakao@jcom.home.ne.jp)


「国分寺おもちゃ病院」は「よろず修理」の御相談に応じます

 「国分寺おもちゃ病院」は、おもちゃの治療が中心ですが、家庭で使用している物品の故障、破損等で捨て難いもの、何とか修理して使いたいという物があれば、修理の御相談に応じます。交換部品があるわけではないので、部品製作や代替部品で対応可能な物に限られますので「ダメで元々」のつもりで御相談ください。


<写真はプレイステーションのおもちゃ病院開院時の治療中の様子です> 


※お受けできないおもちゃ類※

・エアガン ガスガン 電動ガン・浮き輪 浮き袋 プール・防犯ブザー

その他・法的に規制のあるもの・骨董的な価値のあるもの 等

こうしたおもちゃは、安全面の配慮から修理をお引き受け出来ません。
どうかご理解のほどお願いいたします。

<こんなおもちゃが治療に来ました>

   

<治療が終わった後で試運転。うまく動くかな?真剣なまなざし>

<病院はこんなところで開いています>

   

  <国分寺おもちゃ病院>(左)玄関 (中央)看板 (右)一方通行道路より見た裏側

  ※住宅街にあり、道路から少し入った場所にあるために、分かりにくいところです。下のページの地図を必ず御覧の上おいでください。 

 ※茶色の家です


 
 国分寺おもちゃ病院
〒185-0004 東京都国分寺市新町3-22-23
 Tel&Fax 042-304-3624
 院長・ 角 文喜

<主たる資格>

・DIYアドバイザー・第二種電気工事士・家電製品総合エンジニア(AV情報家電/生活家電)

・第二級ボイラー技士・第二級陸上特別無線技士・第三級海上特別無線技士・第三級アマチュア無線技士・アーク溶接特別教育終了
<E-mail> sumikakao@jcom.home.ne.jp


<こんなところで紹介されました>

-新 聞-

−テレビ−

-本/雑誌-

  


<会場案内図>


<国分寺おもちゃ病院週辺地図>

※病院前に短時間なら駐車できます


<リンクしています>

院長・角のホームページです!

「障害のある子どものための手作り教材・教具」

おもちゃ病院の受付場所です!

「国分寺冒険遊び場の会」