オリーブオイルの基礎知識
美味しいオリーブに出会うために
■成分表
  オレイン酸(g) パルミチン酸(g) ステアリン酸(g) リノール酸(g) リノレン酸(g)
オリーブオイル 70.5 9.31 3.01 9.78 0.75
ごま油 36.58 8.44 4.97 42.02 0.56
サフラワー油 12.68 6.91 2.46 72.27 0.19
とうもろこし油 32.51 10.49 1.97 47.32 1.41
ひまわり油 17.9 6.31 3.49 65.85 0.66
落花生油 40.42 11.1 3.9 33.99 0.52
ソフトタイプマーガリン
(JAS標準マーガリン)
31.68 12.52 4.71 24.73 2.09
有塩バター 18.39 22.13 8.3 1.94 0.52
文部科学省 五訂増補日本食品標準成分表による
成分表を見ておわかりのように、植物油でも様々な成分の傾向が見られます。特に顕著なのはオレイン酸を多く含む物と、リノール酸を多く含む物に傾向が分かれる点です。リノール酸はCMでも歌われるほどポピュラーなものですが、実はよいことばかりでもありません。リノール酸は食用油以外の多くの食品に含まれていているものでもありますが、オレイン酸は上記の表でも、他のオイルではそれほど多くの量を含まないにもかかわらず、オリーブオイルにのみ大量に含まれています。この成分量の違いが、オリーブオイルが他のオイルと決定的に違う点でもあります。
■脂肪酸中の成分表
  飽和脂肪酸(g) 一価不飽和脂肪酸(g) 多価不飽和脂肪酸(g)
オリーブオイル 12.3 71.2 10.5
ごま油 14.2 37 42.6
サフラワー油 9.4 12.7 72.5
とうもろこし油 12.5 32.5 48.7
ひまわり油 9.8 17.9 66.5
落花生油 21.7 41.5 34.2
ソフトタイプマーガリン
(JAS標準マーガリン)
17.54 31.99 26.85
有塩バター 51.44 20.9 2.43
文部科学省 五訂増補日本食品標準成分表による
この表は、脂肪酸の中の成分を表しています。
脂肪酸は大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに分離され、飽和脂肪酸は血液中のコレステロール値を高める働き、不飽和脂肪酸(一価不飽和脂肪酸と多価飽和脂肪酸)は低める働きがあるといわれています。植物油は概ね不飽和脂肪酸が多く、全体ではコレステロール値を下げる作用を持っていますが、この不飽和脂肪酸がさらに2種類に分類さている理由は、多価不飽和脂肪酸(リノール酸やリノレン酸)は過剰に摂取すると悪玉コレステロールのみならず、善玉コレステロールまで下げてしまうからなのです。一方、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は善玉コレステロールには作用せず、悪玉コレステロールのみを下げるというまさに理想的な働きを持っています。
オレイン酸
オリーブオイルの主要な成分は何といっても70%を超えるオレイン酸です。非常に安定性が強く、酸化しにくい性質を持っています。
オレイン酸のもっとも代表的な効果といわれているのが血液中の善玉コレステロールには作用せずに、悪玉コレステロールのみを除いてくれることです。これにより、動脈硬化や心臓病や高血圧に効果的といわれています。体内でも合成される物質ですが、食品からの摂取も期待されています。
リノール酸
人体では合成できない必須脂肪酸のひとつでありますが、食用油以外の多くの食品にも含まれており、現代生活の中では過剰摂取の傾向があります。他価不飽和脂肪酸であるリノール酸は悪玉コレステロールのみならず、善玉コレステロールも取り除いてしまい、動脈硬化や心臓への負担を増やし、心筋梗塞、血栓などが心配されます。また肥満の原因のひとつともいえますので注意が必要です。必須脂肪酸ですので食品からの摂取が重要ですが、オリーブオイルにも非常にいいバランスで含まれています。
その他のオリーブオイルに含まれている成分
ビタミンA/D/K/E、特にビタミンEが豊富に含まれています。
その他にβカロチン、ポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれ、細胞の老化を防ぎ、体の内側から若さを保つ働きがあります。
 
■健康への効果
オリーブオイルの効果は、以上に上げたように、悪玉コレステロールをコントロールし、心臓疾患、高血圧に効果的であり、さらに抗酸化作用により痴呆症、老化といったアンチエイジング効果も期待できます。まさに現代の私たちの生活に非常に有効な成分だといえるでしょう。
また胃に負担がかかりにくい性質から、胃炎や胃潰瘍の治療にも使われていたこともあり、また腸の働きも活性化するなど、便秘にも効果があるといわれています。
また、オレイン酸などの不飽和脂肪酸は、人間の皮膚と非常に近い組成を持っていることからスキンケアやヘアケアの効果もあるといわれています。食材として用いることで内側から、直接皮膚などに用いることで角質層の乾燥を防ぎ、しっとりとした肌を保つなどの効果があります。
オリーブオイルをまさに自らの食文化の象徴と讃える地中海沿岸地域では、他の地域に比べ心臓疾患が少ないという重要なデータがあります。これは現在ではオリーブオイルによる効果といわれています。この地方ではオリーブオイルはまさに最重要な食材のひとつであり、それ故に万能とさえいえるほど様々な健康への効果が謳われています。その全てを化学的に実証することは難しいでしょうが、「生きる」ことをなによりも楽しみ、謳歌している文化に、この黄金のオイルが必要だということは、大変重要なことだと思います。健康への効果はサプリメントのような、成分を体内に取り込むことで、何かが得られるという考えではなく、日々の生活をいかに楽しみ豊かにしてくれるか、その中から人が何を得られるのか、そのことが最も重要なのではないでしょうか。
オリーブオイルのもっとも大切な効果は、そういった「人生を豊かにする」ということなのかもしれません。
 
 

All Copyrights reserved.2009 STRADA BIANCA