HOME > パン作り応援隊 > 副素材 > モラセス

モラセス

モラセスとは

モラセス

写真に見るように、トローッとした黒褐色の水あめのようなものです。サトウキビから砂糖を分離精製した際にできる、副産物の糖蜜です。「副産物」というとなんだか・・・?って感じがしますが、名前こそ良くないですが、糖分やミネラル分を多く含んでおり、アルコールや化学調味料など多くの食品に再利用されます。また、身近な所では黒砂糖の原料として利用されているものも多いです。真っ白な砂糖のように精製できずに、ミネラル分がくっついた糖分と考えたらよいのかもしれません。

〔モラセスの特徴〕

  • 独特な風味とやさしい甘さがあります。例えるなら、香りは黒砂糖ですが、味はもっとサッパリとしていて、ほのかな酸味と苦味を感じます。甘さも砂糖のように甘くはなく、柔らかい甘さです。
  • ベーグルを作る際(茹でる時にお湯に溶かし入れる)に使うと、ハリのある艶やかな仕上がりになります。また、香りも一段と増して、ベーグル作りには欠かせない材料です。
  • ベーグル以外にもお菓子作りに使ったり、ヨーグルトにかけたりしても美味しく食べられると思います。ただしその場合、モラセスにはちょっと癖があるので好みが分かれるかもしれません。

[館長の私見]
モラセスを使う前は砂糖やはちみつなどを使ってみたのですが、思うようなツヤや張りがなかなか出せませんでした。これを使って生地を茹でると、仕上がりが格段に違ってきます。

〔こちらから購入できます〕

▲この画面の上へ